「操り人形ごっこ」で相手を感じ取る練習です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-04-19

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラムの「操り人形ごっこ」は、

指導者が操る役になり、子ども達が操られる人形役になって遊びます。

指導者の指示を聞いたり動きを見て真似をしてみます。

「右足上げて」「一回転して」などを言葉と動きで伝えながら

同じ動きができるように挑戦してみます。

何度かやってみたら、指導者のあとについて歩いたり走ったり止まったり

様々な動きで遊ぶことができます。

 

指導者を注視し、自分の体の動きと合わせようとすることで

模倣力や相手を感じる能力が育ちます。

慣れるまでは集中力も必要になります。

子ども達の集中できる時間なども考慮しながら

あくまでも楽しく、遊んでいけるようにしたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top