逆さ状態で強い判断力を育てる「なぞなぞコウモリ」です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-04-15

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

私たちは、頭が下で足が上の逆さまの状態では、

いつもと同じように正常な判断をすることができなくなります。

そこで、この逆さまの状態で頭を使って考えることで

より強く考える力、判断力、イメージ力を育てていくことができます。

 

運動療育プログラムのコウモリになりながら、なぞなぞに答える遊びがあります。

コウモリは鉄棒に肩幅くらいに手を開いてつかまったところの間に膝をかけて

逆さまにぶら下がった状態です。

この姿勢でなぞなぞに答えてもらいます。

あまり難しいと落ちてしまうことがあるので、少し考える程度の問題にします。

なぞなぞの他にも絵カードを使ったクイズや、

しりとりをやってみたりしながら楽しく遊んでいます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top