4月 7th, 2016年

足裏、足の指先の感覚を養う「跳び箱ジャンプ」です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-04-07

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

子ども達の遊びは、昔に比べてジャンプ遊びが減っています。

ジャンプ遊びは、足裏で地面を蹴る感覚、足の指先に力を入れることを

身につけるのにとても良い遊びです。

そして、全身のバランスを良くしてくれる効果もあるので、

積極的に取り入れていきたい動きです。

 

少し高さのあるところからのジャンプで遊ぶのが「跳び箱からジャンプ」です。

1段の高さの跳び箱の上に乗り、足を揃えて跳びおります。

ジャンプの時は膝を曲げて腕振りもつけて跳びます。

着地も足を揃えてすることで、足の指先で踏ん張る力、

脚力や腹筋背筋も使うことができます。

足がバラバラにならないようにしっかりくっつけた状態を意識して行ないます。

 

足裏の力をしっかり養うことで、走るのが速くなり歩き方も安定します。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    良い姿勢は学習面にも好影響を与えます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-07

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    背中をまっすぐにのばした良い姿勢は、見た目が良いだけでなく

    脳の働きを高めて集中力を上げてくれる効果があります。

    それは筋肉を使っているからです。

    良い姿勢を維持するためには、筋力が必要なのです。

    日々の運動療育で腹筋背筋などの基礎筋力をつけ、

    良い姿勢で学習に向かえるとさらに良い循環になります。

     

    鉄棒の逆上がりの練習になる遊びの「りんごぶら下がり」は

    腹筋背筋をバランスよく育てていく遊びです。

    鉄棒にぶら下がったら、足を曲げて持ち上げる動きです。

    りんごのように丸く小さくなれるように、できるだけ足を持ち上げます。

    繰り返し取り入れていくことで少しずつ力がついて足が上がるようになります。

    他の遊びと組み合わせながら楽しく遊んで、力をつけていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top