「長い平均台渡り」で広い視野で動く力をつけます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-08-26

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「長い平均台(2本幅)」をご紹介します。

平均台をくっつけて2本の幅にします。

その平均台の上を落ちないように慎重に渡っていきます。

ゆっくりで良いので、しっかり足の親指に力を入れて感覚を確かめながら進みます。

 

落ちないように慎重になると、自分の足元ばかりを見てしまいがちですが、

そうするとバランスを崩してしまいやすくなるので、

目線は数メートル先と足元の両方に向けられるようにします。

目線を動かしながら歩くことで、広い視野で動くことができるようになります。

この力はスポーツをする場面ではとても重要な力です。

平均台の長さを少し長めに設定して、バランス感覚もしっかりつけながら

遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top