「忍者ゲーム」で判断力や瞬発力を向上させていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-09-23

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「忍者ゲーム」をご紹介します。

まず、座布団ほどのサイズのマットの上に立ってもらい、

そこから落ちないように遊ぶことを約束します。

そしたら、指導者は新聞紙を長く丸めて作った刀を持ち、

「危ない!」と言って子どもの頭の上を通過するようにスイングさせます。

子どもは刀に当たらないようにしゃがんで避けます。

何度か行ないながら、徐々にスピードアップして遊びます。

 

次はもう1つ動きを追加していきます。

「頭」と「足」の2つの言葉を使い、「頭」と言った時は最初と同じように

頭の上を刀が通るので、しゃがんで避けます。

「足」と言った時は足元をすくうように刀が通るので、ジャンプして避けます。

これも、徐々にスピードアップしてできるように繰り返し遊んでいきます。

 

強い判断力や瞬発力、聞く力が育ち、何よりも人に意識を向けることで

人に興味を持つことができます。

繰り返し遊ぶことで、しっかりと力にしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top