療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

9月 6th, 2016年

「方向ジャンプ」で聞く力や判断力を養います。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-09-06

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「方向ジャンプ」をご紹介します。

指導者の指示に従って、前後左右にジャンプする遊びです。

始めのうちは「前」と「後ろ」だけの2方向で行い、

慣れてきたら「右」「左」の動きも合わせて4方向で行います。

 

「前、後ろ、前、後ろ」と順序良くできたら、次は「前、後ろ、後ろ、前」などと

ランダムにして指示を出し、聞く力や判断力を刺激します。

次第に左右の動きも入れて複雑にしながら遊んでいきます。

 

人のタイミングに合わせて動くことは、脳の前頭葉に良い刺激を与え、

人の指示を聞こうとすることでコミュニケーション力なども育ってきます。

子ども達の興味を引きながらできるように、工夫して遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「連続ウルトラマンジャンプ」でジャンプ遊びの上達を目指します。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-09-06

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラム「連続ウルトラマンジャンプ」をご紹介します。

    滑らないようにしたマットを複数枚用意し、間隔を空けて並べます。

    このマットの上だけをジャンプして移動していく遊びです。

     

    ジャンプは、小さなジャンプではなく高く大きく跳べるように

    両足を揃えて膝を曲げ、腕を大きく振りながら行ないます。

    着地の時も足がバラバラになってフラフラしないように気をつけ、

    どんどん次のマットへ跳び移っていきます。

     

    マットの間隔を広くしたり狭くしたりしておくことや、

    マットをフラフープに変えて行なうと、より強い空間認知力が身につきます。

    個々の段階に合わせてレベルアップを目指しながら遊んでいきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top