療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

9月 9th, 2016年

「さるの輪投げ」で逆上がりの練習です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-09-09

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「さるの輪投げ」をご紹介します。

鉄棒にぶら下がって遊びながら、逆上がりに必要な腕の力や、

腹筋、足の力などを養っていく遊びです。

 

まずは鉄棒にぶら下がり、足を閉じて膝を曲げ、持ち上げます。

そしたらその足に向かって指導者が小さいフープを輪投げのように投げていき、

できるだけたくさんのフープを足にはめることができるようにがんばります。

徐々にフープの数を増やしていけるように挑戦してみたり、

友達と競争することでさらに力を出せるように遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「しゃがみカニ歩き」で姿勢の悪さも改善していきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-09-09

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラム「しゃがみカニ歩き」をご紹介します。

    平均台を用意し、横向きでしゃがんだ姿勢で乗ります。

    足はつま先立ちになり、両手は顔の横でカニのハサミのようにチョキにします。

    最後まで手を維持していることも大事なポイントですが、

    しゃがんだ横歩きは意外と難しいので途中で下がってしまっても良いです。

     

    平均台の上なのでバランスをとることと、

    稼動部分が制限された状態の足をうまく動かして横に進むことを行なうために、

    全身の筋力を意識して調整しなければいけません。

    この全身の調整を上手に行なうことができると、

    普段人の話を聞くときに体を止めた状態でしっかり聞けるようになってきます。

    体を止めることは動かすことよりも難しいので、

    まずは必要な筋力を育てながら遊び、能力アップを目指していきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top