「後ろ向きスキップ」で走りの上達を目指します。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-11-01

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「後ろ向きスキップ」をご紹介します。

後ろ向きになって、ゆっくりスキップをしていきます。

後ろを見ないで進むのは危ないので、顔をひねって後ろを見ながら進むようにします。

後ろに進んでいくことで、後方感覚を育てることができ、

今後動きの幅を広げていくことにもつながります。

 

そして、通常のスキップでは太ももの前の筋肉を使って足を上げて進みますが、

後ろ向きスキップでは太ももの後ろ側の筋肉を使います。

この筋肉は歩いたり走ったりする時に前に進む推進力を生み出すので、

走るときにドタバタしていてなかなか前に進まない子や、

姿勢が悪い、転びやすいといった子におすすめです。

 

後方の安全をしっかり確保し、楽しく遊べるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top