予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

柔軟性のある体作りで怪我も予防できます。 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-12-16

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

運動あそびプログラムの「片足クマで進んで足打ち」をご紹介します。
腕の力や腹筋背筋といった体幹、そして柔軟性などを養う遊びです。

まず、少し離れたところにマットを敷いておきます。
そして、四つんばいから膝とお尻を上げたクマさん姿勢から、
片方の足を上げて歩く片足クマさんで歩いていき、
マットの上で両足を蹴り上げて、空中で1~2回足打ちをします。

余裕を持って足打ちをするためには、足を高く上げることが必要です。
そのために、体がつぶれないように腕でしっかり体重を支えること、
足を蹴り上げるのと同時に、体重を下半身から上半身へ素早く移動することです。

そして、足裏で足打ちをするのにもう1つ大事なことは、
足を股関節から大きく横に開いて、がに股になることです。
今は股関節の硬い子ども達が増えています。

体の硬さは、バランス力を欠き怪我のしやすさやに直結するので、
このような遊びで全身を使いながら、怪我をしない体作りをしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top