予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害では良好な人間関係を築きにくいので早期の対処が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-10-02

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の子ども達は、家庭でも学校でもできないことや
わからないこと、うまくいかないことが多い傾向にあります。
しかし発達障害は見た目ではわからないので
周囲からの理解も得にくく、誤解されてしまうことも多くなります。
そのため、トラブルになりやすかったり良好な人間関係を
築いていきにくいということが起こります。

年齢が上がると共に人間関係の問題は大きな悩みの元になるので、
早期の対処をしていくことが大切になります。
こどもプラスの放課後等デイサービスでも、1人1人に
寄り添った療育支援を提供していきたいと思います。

教室で提供している運動療育プログラムから
「すずめの飛び立ち」をご紹介します。

鉄棒につかまって跳び乗ったら、肘と足をまっすぐ伸ばし、
顎は開いて目線を前に向けます。
この「すずめ」の姿勢ができたら、両腕で体を支えながら
足を揃えたまま前後に振ります。
できるだけ大きく振れると良いですが、
最初のうちは大きく振れなくても良いのでリズム良く足を振り、
だんだん大きく振れるようにしていきます。

そして、リズム良く足振りができるようになったら、
「1,2,3」の掛け声に合わせてタイミング良く手を離し、
後方にジャンプして跳び下ります。

この遊びでは、鉄棒の上で足振りをすることで、鉄棒を下腹部でロックする
という前回りや逆上がりで重要なポイントを身に付けることができ、
鉄棒遊びの上達につながります。
また、腹筋や背筋も強く育てることができるので、
様々な運動の上達や日常生活での良い姿勢作りにもつながります。

個々に合わせて補助をしたり、アレンジをしながら
楽しく遊び、日常生活に活かせる力をしっかり付けていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top