予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

自己肯定感の低下は二次障害につながりやすいので早期の支援が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-03-15

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの
発達障害特性を持つ子ども達には、程度の差こそありますが
支援が必要です。
学校などの集団生活の場での
「自分だけみんなと同じようにできない」
「がんばっているのにうまくいかない」という体験は
子どもの自己肯定感をとても低下させます。

この状態が長く続けば、それを元に戻すのはとても大変で、
二次障害につながってしまうことも少なくありません。
できるだけ早期に必要な支援を提供できるよう
私達も働きかけていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから「しりとり大縄跳び」を
ご紹介します。

大縄跳びを跳びながらしりとりをして遊びます。
一定のリズムでジャンプをしながらしりとりをするので、
どちらかに気がとられてジャンプのリズムが崩れたり
なかなか答えが出ないことがあります。
縄はゆっくり回し、答えが出なかったら一度縄をとめて、
答えを言ったらまた再開するようにしたり
ヒントを出したりしながらその子のペースで行います。

少し難しいこともありますが、
この遊びが上達すると思考の柔軟性につながります。
また、しりとりは相手がどんな言葉を言うのか予測ができないので、
その都度答えを考える前頭前野の力を育てていくこともできます。
他にも記憶を引き出す力や集中力も強く養っていくことができるので、
日常生活でも活かしていくことができるように、
個々に合わせた遊び方で繰り返し取り入れていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top