予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害特性によって自信をなくしやすい子ども達には心のケアも重要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-06-06

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害またはその特性を持つ子ども達への関わりの中では、
心のケアもとても重要になります。
こうした子ども達は、どうしても勉強についていけない、
忘れ物が多かったり当番の仕事を忘れたりして
先生や友達に注意されてばかりいるなど、
がんばってやろうと思っていてもうまくいかず
成功体験が少なくなりがちです。

それが続くとどんどん自分に自信をなくしてしまい、
成長と共に劣等感を感じるようになったり、
自分は周囲の人と違うのではないかと思い
不安になったり悩むようになるケースも多くなります。

そうならないためにも、個々の困り事への対処、
失敗経験を減らして成功体験を重ねられる療育活動で
子ども達をサポートしていくことが大切です。
私達の教室でも、1人1人に合わせた療育カリキュラムで
支援・サポートを行なっています。

今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムの
運動あそびの中から「高速カップタッチクマ」をご紹介します。

赤と緑など2色のカップを、床にジグザグになるように
並べてコースを作ります。
子どもは四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢になり、
指導者に指示された色のカップをタッチして歩いていきます。
「高速」なので、できるだけ速く進めるようにします。

色の指示では、「赤い色だけ」「ピーマンの色」
「赤以外の色」「先生が持っているカードの色」など
いろいろな表現で伝え、イメージ力や語意力、判断力などを
個々に合わせて養っていきます。

また、慣れてきたらカップの色を3色、4色と増やしていき
「赤→黄色→緑の順番にタッチ」「赤を2つと緑を3つ」など
記憶力も刺激するアレンジにも 挑戦したりします。

子ども達がいつも活動に興味を持って「楽しい」「やってみたい」と
思って取り組めるようにそれぞれに合わせた工夫をしながら
療育活動をすすめていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top