予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害と発達性協調運動障害を併発しているケースも少なくありません。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-10-01

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の特性を持つ子ども達では、
・靴ひもが結べない
・はさみや定規がうまく使えない
・塗り絵が苦手
・スプーンや箸がうまく使えない
・飲み物をコップにうまく注げない
・キャッチボールができない
・公園の遊具でうまく遊べない
・階段の昇り降りが苦手
など、体の使い方がとても不器用な場合があります。

発達障害では自分の体のボディイメージがつかみにくいことが
よくありますが、中には発達性協調運動障害を併発している
ケースもあります。
決して本人の努力不足や練習不足ではなく、
上達しないわけでもありません。
その子に合った方法で行なうことで、少しずつでも確実に
上達を目指していくことができるので、
1人1人に合わせた療育支援でサポートしていくことが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから「まねっこ走り」を
ご紹介します。

子ども達は一列に並び、前の人の動きをマネしながら走ります。
常に一定の距離を保って走りながら、前の人の動作を見て
自分の体を同じように動かすには
強い模倣力と協応力、集中力が必要になります。

そのため、走りながら行なう動きは最初から難しくせず、
手を上げる→手を横に広げる→手を上にあげて拍手をする
→途中で1回ジャンプをする
というように、少しずつ複雑にしていきます。

また、通常走る時には腕を体の横で振ることで
体の軸を保ちバランスをとっていますが、
その腕を動かすことで、バランスを取るための体幹である
腹筋や背筋の筋力が強く必要になり養われます。

慣れてきたら、スキップ、後ろ歩き、片足ケンケン、
クマやカンガルーの動物の動きなど、
子ども達の様子に合わせて少しずつ複雑な動きにも
挑戦してみます。

体を動かす時は、動きの切り替えを速くすると
素早い判断力や認識力が必要になり前頭前野を育てることに
つながるので、動きにメリハリをつけながら行ない、
また、無理のない楽しい運動あそびになるように
工夫しながら提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top