予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

子ども達の生き辛さをなくし安心して力を伸ばせる療育支援を行います。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-11-21

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害は目に見えない障害で、それぞれの抱えている
困り事や生き辛さも十人十色です。
そのため症状や特性、周りの環境によっては本人や周囲が
障害に気付きにくいことも多々あります。
そして、彼らの感じている不安やストレス、
その生き辛さは他の人にはなかなかわかりません。

しかし、発達障害の子ども達には周囲の人の理解と
適切な関わりが何よりも大切です。
まずは毎日の生活が暮らしやすくなるように
不安を取り除き、子どもの気持ちに寄り添いながら
持っている力、良い部分を伸ばしていけるように
療育支援を行なっていきたいと思います。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「高速カンガルーカップタッチ」を
ご紹介します。

赤・黄・緑などの複数の色のカップを用意し、
床に間隔を空けて設置します。

子どもは両足を閉じてジャンプするカンガルーさんになり、
カップをしゃがんで手でタッチしながら進んで行きます。
タッチする時には、カップの色を声に出して言い、
「高速」なので速いスピードを意識して行います。

足を閉じたジャンプ、カップにタッチする、カップの色を言う、
速く進む、など一度にたくさんのことを意識して行なうのは
難しいので、少しずつポイントを絞りながら
それぞれのペースでステップアップしていけるようにします。

ある程度スムーズにできるようになったら
カップの間隔を広くしたり狭くしたりランダムにする、
タッチする色やタッチしてはいけない色を指定する、
友達と競争してみる、
などのアレンジにも挑戦してみながら
楽しく力を伸ばしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top