11月, 2015年

カンガルー跳びで短縄跳びの練習です。脳を育てる運動療育センター、放課後 等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2015-11-30

脳を育てる運動療育プログラムを提供する放課後等デイサービスの

チャイルド・ブレインです。

今日は、教室で行っているカンガルー跳びのご紹介をします。

この遊びで、短縄跳びの力が身に付きます。

カンガルーさんに変身して、両足でジャンプして進みます。

特に注意している点は、ひざ、足をしっかりと閉じて、両足でジャンプすることです。

意識しないと足が開いてしまうことが多いので、

最初に“魔法ののり”でしっかりと足をくっつけてから始めます。

楽しくできるように、カンガルーさんでいろいろなところに旅をするという

設定で行ったりしています。

楽しくなってくると足がバラバラになってきてしまうので、その都度“魔法のの

り”でくっつけて行うようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    小田中央公園に行ってきました

    2015-11-28

     

    先日、お外で、色々な遊具を使って遊びました。

    まずは、平均台。

    これは、クマさん歩き???

    このバランス凄い(*^_^*)

    最初から、最後まで、クマさん歩きで進みました。

     

     

    IMG_0358

     

    次の遊具も、両手、両足でバランスをとりながら進みます。

    IMG_0375

     

    おっとっとっと!!!

    IMG_0379

    でも大丈夫。

    見て下さい、この余裕のポーズ!(^^)!

    IMG_0381

    この公園には、遊具の他に

    こんな物もありました。

    これは井戸かな??

    IMG_0369

    レバーを上下に動かすと

    発射!!

    水が勢いよく遠くまで飛んでいきました。

    子ども達はとても楽しそうに

    何回も遊んでいました。

    IMG_0367

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    今日の職員研修会では、前頭葉を活性化させることの効果について勉強会を しました。

    2015-11-26

    今日は、前頭葉を活性化させることの効果について勉強会を行いました。

    ADHDなどの発達障害の原因として、脳の前頭葉にドーパミンなどの

    神経伝達物質がうまく届いていないことがあります。

    前頭葉は、物事を論理的に考える、順序立てて考える、

    集中するなどの働きがあるので、ここがうまく機能しないと、

    多動性、衝動性、不注意というADHDなどに見られる症状につながってしまいます。

     

    考えるよりも五感からの刺激に反応してしまうので、

    課題の途中に廊下で音が聞こえたり、誰かが目の前を通ったりするだけで

    集中は途切れてしまいます。

     

    ということは、この前頭葉の働きを活性化させてあげれば、

    集中したり、衝動的な行動を抑えたりすることができるということです。

    人は楽しいことをした時、体を動かした時、褒められた時に

    ドーパミンがたくさん分泌され、前頭葉が活発に働きます。

    私たちの教室で行っている療育は、楽しく体を動かす運動遊びプログラムを

    メインに指導しています。

    子どもたちが楽しくでき、自然に能力が上がるような指導を

    心がけていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    秋の野菜調べ

    2015-11-25

    先日、みんなでイオンモールに行きました。

    野菜売場で秋の野菜を調べました。

     

    リーダーを2人決め、皆で協力し合いながら

    たくさんの野菜を書き出していました。

     

    IMG_9622

    「この野菜はな~に」

    めずらしい野菜もあり

    色々と発見することができました。

    IMG_9648

     

    野菜調べの後は、おやつの購入。

    自分で計算して、100円分のおやつを選びました。

    IMG_9675

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    今日の職員研修会では、ADHDとパーソナリティ障害について勉強会をしました。

    2015-11-25

    今日は、ADHDとパーソナリティ障害について勉強会を行いました。

    ADHDとよく似た特徴を持つ障害の一つに、パーソナリティ障害があります。

    どちらも極端で衝動的な言動や行動が多く、対人関係がうまくいかないという

    共通点はありますが、症状が起こる原因や対処方法は違ってくるので気をつけ

    なければいけません。

    でも、ADHDの二次障害としてパーソナリティ障害を併発してしまうことも

    あります。

    これは、感情を抑えられないことや、周囲の理解不足によってたまった

    ストレスや自己否定の感情からなってしまうものなので、

    周りのサポートの仕方が大切になります。

    なので、私たちも、失敗を減らして成功体験を増やせるような環境作り、

    指導をすることや、予定外の行動や、あいまいな指示をしないこと。

    もし問題行動をしてしまっても、大きなトラブルにならなかったことを褒める

    などのことを心がけています。

    感情のコントロールは訓練次第で着実に身に付いていきます。

    まずは本人の自己愛を育ててあげるようにサポートしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    今日の職員研修会では、ダウン症児への運動指導について勉強会をしました。

    2015-11-24

    今日は、ダウン症児への運動指導で注意することについて勉強会を行いました。

    ダウン症の症状として、体の関節の可動域が大きく、

    他者から関節を動かされた時にも抵抗が弱いので、

    運動を提供するときには無理に動かして脱臼などしないように気をつけます。

    首の関節も特に注意が必要です。

     

    そして平衡感覚も弱いので、階段の昇り降りや平均台も怖がることが多いです。

    無理にやらせると、恐怖心からさらに全身がこわばってバランスを崩して転げ落ち、

    さらに恐怖心が増すという悪循環になってしまうので、

    段階を追って少しずつ運動能力を養うように気をつけています。

     

    失敗しないでできる環境を用意してあげることで、子どもの成功体験を増やし、

    継続してがんばろうと思える気持ちを養っていきたいと思います。

    ダウン症のある子は、人懐っこい笑顔のかわいい子どもが多いので、

    その笑顔をさらに増やせるように毎日の活動をがんばっていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02
    91
    Copyright© 2010 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.