4月, 2016年

「運転手さん」遊びで2人で息を合わせる練習です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-04-28

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「運転手さん」のご紹介です。

これは2人組みになって行なう遊びです。

まず1人が床に仰向けに寝転がって体を”気をつけ”の姿勢のように

まっすぐに伸ばした状態になります。

もう1人はその両足を持ち上げて自分のお腹に当てます。

そして足首を持って体全体で押して進んで遊びます。

大事なポイントは、2人で同時に体に力を入れることです。

押す方がいくら力を入れても、押される方が体に力を入れていないと

ふにゃふにゃしてしまうので前に進むことができません。

2人が一緒に力を入れることで上手に進むことができます。

これを意識してお互いに相手を感じながら遊べると良いですね。

 

そして、最後に足を下ろすときも相手を忘れてはいけません。

いきなり足を離して落とすと床にぶつけて痛いので、

声をかけたり、ゆっくり下ろすことを教えるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「さるのボール投げ」で逆上がりの練習です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-28

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    鉄棒の「逆上がり」では、腕の懸垂力、腹筋や足を蹴り上げる力が必要になります。

    これらの動きを身につけられるのは「さるのボール投げ」です。

    まずは鉄棒にぶらさがっておさるさんになります。

    この時、肘を曲げて脇を締めることが大切です。

    そしたら下にあるボールを足で挟んで持ち上げ、

    体を揺らして反動をつけたら一気に前に投げ飛ばします。

    反動を活かしてできるだけ遠くに飛ばせるように練習します。

     

    次の段階では、前に立っている指導者に渡すように飛ばしたり、

    かごを置いて、その中を狙うようにして遊んでみます。

    体のコントロール力や空間認知なども育ちます。

    そして、ボールを投げる方向を上に向けていくことで

    逆上がりの動きに近づくので、段階を追って遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「ジグザグつなわたり」で空間認知や方向転換力を身につけます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-27

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    物との距離や位置関係などを把握するのが空間認知力です。

    この力のおかげで、人とぶつからないように歩いたり、

    飛んでくるボールを避けたり、ボールを蹴ったりすることができます。

    空間認知の力も、体を動かして遊びながら身につけていくことが大切です。

     

    運動療育プログラムの「ジグザグつなわたり」のご紹介です。

    縄を用意し、床にジグザグになるようにコースを作ります。

    その縄の上を落ちないように渡っていきます。

    手を広げてバランスを取りながら、つま先歩きで行ないます。

    足の指先が刺激され、ジグザグのコースなので先を読みながら

    方向転換することが必要になります。

    速く進むことよりも正確に行なうことを目標に取り組むことが大切なので、

    集中力が続くように短めの距離にして行なっています。

    集中して、縄から落ちないように渡れるようにがんばっています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「うつ伏せレスキュー隊」で段階に合わせて腕の力を育てます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-26

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラムには腕の懸垂力を育てる遊びがたくさんあります。

    その中で、小さいうちから挑戦できる遊びが「うつ伏せレスキュー隊」です。

    縄を用意して、端は指導者が持ちます。

    子どもは1人ずつ縄の反対側にうつ伏せになり両手で縄を握ります。

    そしたら片手ずつ手を動かし、体を引き寄せて進みます。

    腕の力だけで全体重を引き寄せるので、かなり力を使います。

    そこで、進めない子は足を使っても良いことにします。

    それでもまだ進みにくい子は、うつ伏せで縄を両手でつかんだ状態で

    指導者が縄を引っ張って子どもを引き寄せてあげます。

    これだとつかまっているだけなので簡単ですが、

    ちゃんと腕の力は使えているので少しずつ力がついていきます。

    だんだん力がついて、腕の力だけでできるようになったら、

    うつ伏せから仰向けの状態にも挑戦します。

     

    1人1人に合わせた段階の動きで、それぞれが成長していけるように

    運動遊びの提供をしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「ボール足挟み渡し」で友達を気遣う練習です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-25

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラムの「ボール足挟み渡し」という遊びのご紹介をします。

    まず友達と2人組みで向かい合って体操座りをし、両手は後ろにつきます。

    ボールを2人の真ん中に置き、1人が足の指先でボールを挟んで持ち上げます。

    そしたらもう1人に足でそのままボールを渡します。

    受け取る方も同じように足の指先辺りで挟むようにしてボールをもらいます。

    ボールを渡すときに、ただ前に出すだけではなく

    相手が受け取りやすいように高さや距離を考えたり、

    足を離すタイミングを合わせたりしなければいけません。

    そこで、相手を意識した考えや動きの練習になります。

    ”こうしたら相手はどうかな”という考え方がいつでもできるようになると

    良好な人間関係が作れます。

    私たち大人も、全員がそんなことを考えながら行動できるようになれば

    もっと良い社会になりますよね。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「芋虫バランス」で腕の力やバランス力を育てます。脳を育てる運動療育センター放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-22

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    鉄棒遊びなどで必要な腕の引き付け力、

    すべての動きで必要になるバランス力といった力を育てる「芋虫バランス」です。

    まずは平均台を2本くっつけて並べます。

    子ども達はそこにうつ伏せに乗って、両手は平均台の横を挟むように持ちます。

    そしたら手を伸ばす→つかむ→引き寄せると繰り返しながら

    できるだけ手の力だけで前に進んで行きます。

    平均台の上なので、落ちないようにバランスをとりながら行ないます。

    特に下半身が落ちてしまいやすいので、

    腕にも足にも意識を向けて行なうことが必要になります。

     

    腕の力も最近の子ども達はとても不足している力なので、

    運動遊びでしっかり育てていき、健康な体作りも応援していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「跳び箱よじ登り降り」で跳び箱に慣れ高所感覚を身につけます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-21

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    高所感覚や逆さ感覚を身につけておくことは、動きの幅を広げ

    運動が楽しいと思えるようになることにつながります。

     

    今日は、高所感覚を身に付ける跳び箱遊びをご紹介します。

    跳び箱を縦に置き、手を使ってよじ登ります。

    上についたら四つんばいで180度方向転換し、後ろ向きになります。

    そしたら後ろ向きのまま足から降りていきます。

    この遊びでは手足の指先を力を多く使うので、

    手先の器用さなどにもつながる動きになります。

    そして、後ろ向きで降りることで、見えない着地地点を意識し

    空間認知力を刺激することもできます。

     

    1つの遊びでもたくさん力が育つように工夫されているのが

    柳沢プログラムです。

    これからも楽しく効果的な運動遊びを提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「豚の丸焼き」で逆さ感覚や握力を身につけます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-20

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    鉄棒遊びの豚の丸焼きは、昔からある有名な遊びの1つです。

    この遊びではたくさんの力を育てることができます。

    ぶら下がるので腕の力や握力、足を上げることで腹筋や

    太ももの力など、上半身も下半身も使う遊びです。

    簡単な遊びですが、ポイントを押さえて力の発達を促していきます。

     

    まずは鉄棒につかまって足を持ち上げ、鉄棒に絡ませます。

    手足でしっかり固定できたら地面を見るように顎を開きます。

    そうすることで逆さまの世界を体感でき、感覚が育ちます。

    下を見ることがわかりにくい場合は、下に目印を置いて促します。

    逆さ感覚を身に付けていろいろな体の動かし方を覚えて、

    思うように動ける体作りをしていきたいと思います。

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「操り人形ごっこ」で相手を感じ取る練習です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-19

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラムの「操り人形ごっこ」は、

    指導者が操る役になり、子ども達が操られる人形役になって遊びます。

    指導者の指示を聞いたり動きを見て真似をしてみます。

    「右足上げて」「一回転して」などを言葉と動きで伝えながら

    同じ動きができるように挑戦してみます。

    何度かやってみたら、指導者のあとについて歩いたり走ったり止まったり

    様々な動きで遊ぶことができます。

     

    指導者を注視し、自分の体の動きと合わせようとすることで

    模倣力や相手を感じる能力が育ちます。

    慣れるまでは集中力も必要になります。

    子ども達の集中できる時間なども考慮しながら

    あくまでも楽しく、遊んでいけるようにしたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「スタート&ストップ」で前頭前野の活動を高めます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-04-19

    運動療育プログラムの「スタート&ストップ」は、

    動く、止まるという動きでメリハリをつけ、前頭前野の機能を高めていきます。

    スタートの合図、ストップの合図をそれぞれ決めておき

    合図に合わせて子ども達は判断して動いたり止まったりします。

    止まるときにピタッと体を止めることで脚力などの

    基礎筋力が身に付くので、できるだけピタッと止まれるように意識します。

     

    次は、止まるときに指導者のポーズを見て真似して止まります。

    しゃがんで頭を押さえてみたり、動物のポーズになってみたりします。

    動きを真似することで模倣力が育ち、相手のことを考えることができるような

    社会性の力も育ちます。

    1つの遊びでも、工夫することで育つ力をどんどん増やしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries
    91
    Copyright© 2010 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.