3月, 2017年

ASDの子ども達には指示が伝わりにくいので工夫が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-03-31

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達に接する時は
特性に沿った対応の仕方がとても大切です。
例えば、ASDの子ども達には指示がつたわりにくいことが多く、
話を聞いている様子が見られても内容は理解できていないことも
あるので、配慮すべき点があります。

まず指示は簡潔に具体的な言葉で出すこと。
視覚的な情報を使って指示を出すこと。
集中して聞けるように、他の動作はしないこと。
注意する時は即座に言うこと。
大きな声を出したり感情的にならず、
落ち着いた冷静な声で指示をすることなどです。

適切に対応していくことで少しずつ聞く力や理解力が身につき、
人の話をよく聞けるようになります。

こどもプラスでは運動療育を主軸としていますが、
その運動療育プログラムの中から
「アヒルつま先横歩き」という遊びをご紹介します。
膝を開いてしゃがみ、つま先立ちで歩くアヒルの姿勢になります。
この姿勢で歩いていきますが、前ではなく横に歩きます。

つま先歩きになることで、転ばないようにバランスをとる力や
つま先の踏ん張り力が強く養われます。
これは、現代の子ども達がとても弱くなっている力です。

また、足を一歩出す度に片足立ちになります。
この時バランスがとれない子は中腰になりがちなので、
しっかり腰を落とした姿勢で歩けるように促します。

慣れてきたらただ横に歩くだけではなく、ジグザグに歩いたり、
線の上から落ちないように歩いたり、障害物を越えてみたり、
友達と競争したり、いろいろな遊び方に挑戦し、
全身の筋力調整をしながら動く力を育てていきます。

その中で、社会性やコミュニケーション力も
しっかり身につけていけるように促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害でのずば抜けた集中力は良い方向に伸ばしていきましょう。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-29

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ADHDの子ども達は、1つのことに集中することができず、
    なかなか作業を終わらせることができないといった
    特徴がありますが、自分の興味関心があることには
    ずば抜けた集中力を持って何時間でも取り組むことがあります。
    そして、他の人にはない独創的な考えを持っていることが
    あるので、その才能を良い方向に伸ばしていけたら良いと思います。

    私達の放課後等デイサービスでは、運動療育を主軸として
    発達障害やその傾向がある子ども達に療育を提供しています。
    その運動療育プログラムの中から
    「大きいウシガエル」をご紹介します。
    まず足を開いてしゃがみ、両手をパーにして中につき
    カエルの姿勢になります。

    そしたら、まず手を先に出してから、足を動かします。
    そして、手→足→手→足の順番で進んでいきますが、
    この時、足の位置が手よりも前にくるようにします。

    足を手よりも前に持ってくることで腕にかかる負荷が大きくなり、
    前のめりに倒れこむ恐怖が出てくるので、
    しっかり腕の力をつけてから行なっていきます。

    この大きいウシガエルの動きでもしっかり体重を支えられると、
    跳び箱で開脚跳びをする時の抵抗感が少なくなります。
    また、日常生活での怪我の防止にもつながるので
    体を動かす遊びで、身体能力も上げていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達の遅れが気になったら子どもをよく知ることが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-28

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    子どもの発達に遅れがあると思った時に大切なのは、
    まず子どものこと良く知り、理解することです。
    得意なことや苦手なこと、発達にどの程度遅れがあるかなどを
    しっかり把握することで、どんな対応や関わり方が良いのか、
    環境調整はどうすれば良いかなどが見えてきます。

    私達も保護者の方と一緒に、最適な方法を考えていきます。
    不安や悩み事も多いと思いますが、何でもご相談ください。

    私達の放課後等デイサービスでは運動療育を主軸としています。
    その運動療育プログラムの中から
    「指先でカップ運び」をご紹介します。
    子ども達は横一列に並び、体操座りのように座ったら
    両手は後ろについておきます。
    そして、足だけを使ってカップを隣の友達に渡していきます。

    カップを渡す時は、両足を使って挟む方法でも
    片足の指先で挟んで渡す方法でもどちらでも良いです。
    やりやすい方法で、隣の友達に足でカップを渡していきます。

    この遊びの中で、相手が受け取りやすい位置などを考えながら
    行なうことを学び、相手の立場になって考えたり、
    相手を思いやることを身につけていきます。

    また、座って足だけを持ち上げることで
    太ももの筋力や腹筋が育ち、姿勢を保持する力が身に付くので、
    繰り返しできるように競争にしたり、
    ルールを加えたりしながら遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    特定の能力だけが習得困難な学習障害も適切な支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-27

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    学習障害(LD)は、特定の分野の能力の習得だけが困難な発達障害です。
    知的な遅れも社会性の発達の遅れもなく、
    他の能力は何も問題がないためになかなか理解されにくい障害です。
    しかし、障害なので苦手な分野だけは本人の勉強や努力だけでは
    なかなか習得できず、個々への支援が必要です。

    もし学習障害であれば、苦手なことを習得しようというよりは、
    得意なことを伸ばしていく方に力を入れます。
    そうしていく中で自信をつけながら、いろいろなことに
    挑戦していけるように目指していきます。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「障害物つなわたり」をご紹介します。
    床に1本の縄を置き、縄のところどころにコーンや
    ぬいぐるみなどの障害物を置いておきます。

    その縄の上をつなわたりのように落ちないように歩き、
    障害物をまたぎながら最後まで進みます。
    障害物の数は少ない数から始め、少しずつ難易度を上げながら
    挑戦していくようにします。

    狭くて不安定な縄の上でバランスをとりながら歩くことで
    体幹の筋力や集中力をコントロールする力などが養われます。
    障害物を避けていくことでさらに空間認知力も育つので、
    段階に合わせて提供し、力をつけていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害での身体感覚の弱さは生活面でも困難をきたすことがあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-27

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASDやADHDのある子ども達は、身体感覚が弱いことがあります。
    この能力が弱いと、自分の体でも目で見えていない部分は
    無いように感じている場合があります。
    そのために、歩き方や走り方がぎこちなかったり、
    転びやすい、人や物にぶつかりやすい、
    キャッチボールなどが極端に苦手ということが起こります。

    日常生活に支障が出てくることもあるので、
    自分の体の身体イメージを高めるような取り組みが大切です。

    こどもプラスの放課後等デイサービスでは運動療育を
    主軸として療育活動を行なっています。
    その運動療育プログラムから「クマ忍者の修業」をご紹介します。

    スタートラインから少し離れたところに、
    2枚のマットを少し間を空けて並べます。
    そしたら、スタートラインからクマ歩きで進んでいき、
    2枚のマットの間に入って止まります。
    そして、両手は床についたまま動かさずに、
    両足一緒に左右のマットに交互にジャンプをします。

    側転につながる動きなので、大きな横ジャンプを目指して
    少しずつ難易度を上げながら遊びます。

    この遊びでは、腕の支持力や空中でバランスをとる体幹の筋力、
    手を固定したままで足だけを動かすことで
    2つのことを同時に行なう力、
    見えない位置にある足を正確に動かすことで空間認知力や
    身体感覚などを強く養うことができます。

    運動療育では成功体験を多く積み重ねることが大切なので、
    スモールステップで、たくさんの成功体験や達成感を
    感じることができるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害は本人の努力だけでは改善が難しい障害です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-24

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害による症状が軽度の場合は個性として捉えることも
    できるかもしれませんが、根本的には障害なので
    本人の努力だけでは改善は難しく、支援が必要です。
    環境調整や周囲の理解を促しながらサポートしていくことが大切です。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「積み木拾い」をご紹介します。
    床に複数の色の積み木をばら撒いておき、
    どの積み木を拾うのか指示を出すので、
    それを覚えて指示された積み木を拾ってくる遊びです。

    まずは「積み木を3つ拾ってきてください」など数の認識だけで行ないます。
    次は「赤い積み木を2つ」や「青くて丸い積み木を2つ」など
    色や形の認識もプラスしていきます。

    難しすぎたり簡単すぎたりしても楽しくなくなってしまうので、
    子ども達の興味を惹き、楽しく参加できるようにしながら
    語彙力・コミュニケーション力・記憶力・認識力を養っていきます。

    遊びの中でたくさんの成功体験を積み重ねていくことができるように
    工夫しながら活動していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    スモールステップによる療育・支援を大切にしています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-22

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    「スモールステップ」というやり方は、勉強でも運動でも仕事でも
    目標を達成するのにとても有効な方法です。
    最初から高い目標を掲げてがんばるのではなく、
    小さな目標を達成する体験を積み重ねながら、
    最終的な目標を達成していくという方法です。

    こうすることで成功体験や達成感を増やして、
    やる気を維持しながら取り組んでいくことができ、
    楽しく、楽に、そして確実に力をつけていくことができます。

    こどもプラスの放課後等デイサービスでも、
    スモールステップの原則で療育活動を行い、
    発達障害を持つ子ども達1人1人の着実な能力アップを目指しています。

    教室で行なっている運動療育プログラムの中から
    「すり足でジャングルツアー」をご紹介します。
    縄、三角コーン、マット、跳び箱、平均台など
    いろいろな器具を使って、コースを作ります。
    いろいろな動き方ができるように、
    器具以外にもタンバリンをタッチして鳴らすところや、
    横向きや後ろ向きで進むところ、ジャンプするところ、
    くぐるところなどを作っておきます。

    そして、このコースを足音をたてないすり足で
    静かに歩きながら進んでいきます。
    すり足で歩くことで普段歩く時とは違う筋肉を刺激することができ、
    バランス力や身体コントロール力が養われます。

    他にも、両手を頭の上に乗せながら歩いたり、
    クマ歩きやアヒル歩きなど動物の動きで進むことでも
    違う動きややり方が経験できるので、
    子ども達の意見も取り入れながら楽しく遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    運動不足になりがちな発達障害の子ども達に運動療育を提供しています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-17

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    現代の子ども達は様々な要因から体を動かす機会が減り、
    体力や運動能力が著しく低下しています。
    発達障害のある子ども達は運動が苦手だったり、
    運動をする機会自体があまりないことなどから
    特に運動不足になりがちです。

    子どものうちからたくさん体を動かすことは
    子どもの心身の発達のためにとても重要なことなので、
    運動あそびによる運動療育に私達は力を入れています。

    教室で提供している運動療育プログラムの中から
    「大縄ポイント走り抜け」をご紹介します。
    大縄大きく回すので、回っている大縄の中を
    まずは正面から入って一気に走り抜ける遊びをしておきます。

    縄の動きをよく見て、タイミングを計って
    縄の中を走り抜けることができるようになったら、
    次は走り抜けるコースを指定します。
    右から入って左斜めに抜けるコース、
    正面から入って直線に抜けるコース、
    左から入って右斜めに抜けるコースの3つです。
    それぞれ、入るポイントと出るポイントがわかりやすいように、
    フープやコーンで目印を作っておきます。

    最初、ただ走り抜けるだけの時は
    縄の位置だけ意識すれば良かったのですが、
    進むコースが決まっていることで、縄の動きにプラスして、
    入り口と出口の位置にも意識を向ける必要が出てきます。

    この遊びを繰り返し行なうことで、リズム感や空間認知力、判断力、
    瞬発力、2つのことに同時に意識を向ける力などを
    強く育てていくことができるので、
    1人1人の様子に合わせながら提供していきたいと思います。

    運動による成功体験が、子ども達の成長に必要な「自信」の獲得に
    つながるので、無理なく挑戦していけることを大事に活動しています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    軽度の自閉症でも支援やサポートが必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-03-15

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    自閉症には軽度から重度まであり、軽度の場合は
    乳幼児健診などでも見逃されてしまうことがあります。

    ただ、いくら軽度であっても自閉症の特徴である
    社会性・コミュニケーション・想像力の障害があることに
    変わりはないので、成長と共に子ども自身も困難さを
    感じることが多くなってきます。

    少しでも早い療育の開始で生き辛さを改善してあげることが必要です。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「つま先ダッシュ」をご紹介します。
    かかとを上げて、つま先だけで静かに走る遊びです。

    音を立てないように歩くことで
    普段あまり使わない筋肉をしっかり刺激することができ、
    足の親指の力や足首の蹴り返しの動きが育つので、
    転びやすい子や動きがぎこちない子におすすめです。

    また、足の親指に負荷がかかることで
    土踏まずの形成を促すことができます。
    土踏まずが育つと、体のバランス力が上がって転びにくくなったり
    たくさん歩いても疲れにくくなるなどの
    良い効果がたくさんあります。

    第二の心臓とも言われるふくらはぎの筋肉も
    しっかり刺激することができるのでとても良い遊びです。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の診断がなくても特別支援学級での支援が必要なケースもあります。

    2017-03-14

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害がある、もしくはグレーゾーンの子ども達が
    小学校に上がる時に悩むことは、通常学級と特別支援学級の
    どちらに通わせるかということだと思います。

    親世代にとっては昔の特殊学級のイメージが強いので、
    重度の障害を持った子が通うと思われている方が多いのですが、
    今の特別支援学級では軽度の発達障害やグレーゾーンの子も多く、
    苦手な教科だけ支援級に通う通級を利用している子も多くいます。

    症状の程度や特性に合わせた柔軟な対応をしてもらえるように、
    将来の自立に向けた支援をしていくことが大切です。

    こどもプラスの放課後等デイサービスでも、
    お子さんの発達段階や興味関心などに合わせた療育を提供しています。
    主軸の運動療育プログラムから「伝言ゲーム」をご紹介します。

    子ども達は数人ずつ1列に並び、伝言ゲームをします。
    端の子から順番に簡単な伝言を伝えていきます。
    伝える側、聞く側ともに集中力やコミュニケーション能力が育ちます。

    慣れてきたら前後の友達と間を空けて、伝言を聞いたら
    次の人のところまで走っていって伝えるようにし、
    聞いた内容を走りながらも忘れないようにする記憶力や、
    2つのことを同時進行する能力も養っていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries
    91
    Copyright© 2010 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.