8月, 2017年

発達障害では苦手が多岐に渡り生活での苦労が多くあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-08-31

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害の子ども達は得意なことと苦手なことの差が大きく、
苦手なことは多岐に渡り、生活全般に関わってくることが多いので
とても努力や我慢を強いられているといえます。

それは大きくなるにつれて子ども本人の中で
「みんなは簡単にできるのに自分だけどうしてできないんだろう」
という違和感につながり、自己肯定感が低くなってしまいます。

しかし、自分に自信を持つことが、今後様々な力をつけていく
ためにも必要なことです。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供する療育活動の
主軸は運動療育ですが、運動療育でもそのことを大事にしています。
子ども達があと少しがんばったら達成できる目標設定をし、
必ずスモールステップでたくさんの達成感や成功体験を
感じることができるようにしています。

そうすることで自信をつけていくことができ、
また、運動でつけた自信はその他の全ての活動への
意欲ややる気につながりやすくなります。

今日は、教室で提供している運動療育プログラムから
「跳び箱跳び移りジャンプ」をご紹介します。

1段と2段の跳び箱を複数用意し、低い→高い、高い→低いと
なるように少し間隔を空けて並べます。
跳び箱の代わりに丸めたマットを使ったりもします。

その跳び箱の上を、ジャンプしながら渡っていきます。
急いで渡ると動きのメリハリがなくなり、ジャンプごとに
足の指先で踏ん張ることができないので、ゆっくり1つずつ
ジャンプするように最初にしっかりと伝えておきます。

高さが怖いと、足元ばかりに目線がいき、
腰が引けて背中が丸くなってしまいがちです。
下を向いてしまうと体のバランスが崩れやすくなり、
かえって落ちやすくなってしまうので、
足元と前の跳び箱の両方に目を向けて進めるように促します。

また、苦手な子には補助もしながら成功体験を増やせるようにし、
1つずつ目標をクリアしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ASDでは「待つ」ことが苦手でその子に応じた対処が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-08-30

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASDの子ども達は、時間の概念がわからなかったり、
    先の見通しがつかないと不安になるので、
    ただ漠然と「待つ」ということが苦手です。

    しかし、日常生活の中では頻繁に「待つ」機会が出てきます。
    そこで、「後2分」とか「砂時計の砂が落ちたら」と明確に
    終わりがわかるようにしてあげたり、
    どのくらい待つかわからない場合は、
    シールを枠の中に貼るような遊びで気を紛らわせたり、
    いくつかの選択肢の中から自分で行動を選べるようにしたりして
    気持ちが落ち着くようにします。

    その時その時で適切に対処していくことで、
    少しずつ子ども達も理解力がつき、適応できるようになるので
    焦らず丁寧に支援していくことが大切になります。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「アヒルダッシュ」をご紹介します。

    まず足を開いてしゃがみ、つま先立ちのアヒルの姿勢になります。
    そして、この姿勢で歩いたり走ったりしてみます。

    このアヒルの姿勢でスムーズに進んでいくためには、
    足を出す時に太ももの付け根辺りから
    動かすようにすることがポイントです。
    普段歩く時にはあまり意識して動かさない部分なので、
    運動あそびで積極的に動かしていきたいと思います。

    しゃがみ姿勢でのつま先立ちは、不安定で
    かなりバランスをとる力が必要になります。
    最初はゆっくり歩ければ良いので、少しずつスピードアップを目指します。

    そして、徐々に速くまっすぐに走ることや、音を立てずに静かに走ることで
    強い体幹の筋力や体を器用に動かす巧緻性などを育てていきます。

    まずは楽しくできることが大事なので、
    1人1人に合わせて提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    水族館へ

    2017-08-29

    相模川ふれあい科学館アクアリウム相模原へ行ってきました!!

    相模原にある小さな水族館ですが、沢山の魚や動物もいて子ども達は楽しそうにしていました。

    魚にエサをあげられるコーナーや、期間限定で色々な生き物に触れるコーナーがあったりとなかなかできない貴重な体験でした。

    魚の餌やり体験があり、水中に手を入れると何十匹もの魚が指に吸いついてきて、最初はおっかなびっくりだった子ども達も慣れてくると「おもしろーい」と声をあげながら夢中で楽しんでいました。

    また是非参加できなかったお友達とも行きたいです!!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害での常同行動は意味のある行動なので適切な対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-08-29

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の子ども達は、ブロックをひたすら並べたり、
    回転する物をずっと見続けたり、同じ行動を延々と
    続けていることがあります。

    他の人から見れば、一見意味のないように思える行動ですが、
    それをすることで心の安定を保っていることが多いので、
    無理にやめさせるとパニックになったり、
    全くやらせないようにしてしまうとストレスがたまります。

    だからといって、やらなければいけないこともあるので、
    うまく切り替えられるように導いていくことが大切です。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「おつかいリレー」をご紹介します。

    少し離れた台の上に、いろいろな絵カードを置きます。
    子ども達は数人で1つのチームになり、
    指定された絵カードを1人ずつリレー形式で持ってきます。

    例えば「ご飯を食べる時に使う2本の細長いものは?」などの
    問題を出すので、答えをチーム全員で考えます。
    答えがわかったら一番最初の人が絵カードを取りに行きます。
    正解したら、次の人と交代します。

    1人ずつ順番に行ない、できるだけ速く全員がゴールできるように
    協力して遊びます。

    自分の順番を覚えておくことや、問題を聞いて考えること、
    友達とコミュニケーションを取ったりすることなど
    たくさんの要素があり、少し難しい遊びです。

    子ども達の理解力や集中力などにも合わせて、
    工夫しながら遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ASDの子ども達の記憶力は良い面と悪い面があり支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-08-28

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASDの子ども達の記憶力は特徴的で、良い部分と悪い部分があります。
    例えばついさっき話したことは忘れてしまうのに
    何年も前の出来事をいつまでも鮮明に、つい昨日のことのように
    はっきりと覚えていて話し始めたりすることがあります。

    それは良いこともありますが、悪いこともあります。
    私達でも辛い出来事はなかなか忘れられないものですが、
    ASDの子ども達はもっと長い期間、しかもはっきりと記憶していて、
    それが突然フラッシュバックしてきたりするので、
    その不安やストレス、辛さは想像以上のものです。

    子ども達の毎日が、少しでも楽しく安心したものになるように
    こどもプラスの放課後等デイサービスでは支援をしていきます。

    教室で提供している運動療育プログラムから
    「ターザン」遊びをご紹介します。
    鉄棒の真ん中辺りに折りたたんだ縄をくくりつけ、
    ぶらさがった縄が下につかない程度の長さに調節します。
    この時、ぶら下がった部分は輪になるようにします。

    そして、ぶら下がった縄の輪の部分に足をかけて
    両手で縄を握り、ターザンのように前後に揺れて遊びます。
    鉄棒が苦手な子でも安心して取り組める遊びです。

    私達の運動プログラムでは、運動が苦手な子でも
    遊び感覚で楽しく取り組めるように工夫されているので、
    どんなお子さんでも安心してできるようになっています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    おやつ作り

    2017-08-25

    本日は子ども達のリクエストで、クレープ・チョコバナナ・ブルーハワイソーダを皆で作りました。クレープのトッピングは生クリーム、ミカン、もも、チョコソース。

     

    チョコバナナは棒をさす加減が意外と難しかったようです。

    でも2本目は完璧でした。

     

    作業が難しいお友達の分も協力して完成しました!!

    「いただきま~す♪♪♪」

    皆の笑顔がこぼれました\(^o^)/

    夏休みも残り僅か。。。

    想い出の1ページになったかな???

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    1人1人に合わせた丁寧な療育支援で理解力が高まり、できることが増えていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-08-24

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の子ども達には、話し言葉に頼らず、絵カードや
    ジェスチャーなど視覚的に伝えたり、
    わかりやすく短い言葉で伝えたり工夫をしますが、
    それは発達障害児に限ったことではありません。

    端的で具体的な指示も、事前の予告も、
    発達障害の子ども達がわかりやすいということは
    他の子ども達にもわかりやすいということです。

    発達障害の子ども達には、それをより丁寧に行うので
    少し頭を使うかもしれませんが、
    理解しやすい方法で支援していくことで
    次第に自分で考えて動くこともできてくるので
    1人1人に合わせた丁寧な療育支援を心がけていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。
    少し高さのある縄を、両足を揃えて跳ぶカンガルージャンプで
    跳び越えて遊びます。

    縄の高さは子ども達の膝の高さ程度に設定します。
    縄の前に立ったら、両膝をくっつけたままジャンプしますが、
    「忍者」なので、できるだけ足音を立てないように
    静かにジャンプ、着地をします。

    音を立てない着地を意識することで、
    下半身のクッション性や全身の連動性を高めることができます。
    また、ジャンプ遊びでは足の指先の踏ん張り力や脚力、
    体幹の腹筋背筋もしっかり育てることができます。

    慣れてきたら連続で跳んでみたり、前だけでなく後ろにも
    跳んでみたりしながら、楽しく遊んでいきます。

    いつも子ども達の興味に寄り添い、自主的に遊びに参加できるように
    細かな工夫をするようにしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ADHD特性は脳内神経伝達物質の不足も原因の1つとされています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-08-23

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    先天性の発達障害であるADHDの原因は、まだ解明されていませんが、
    原因の1つとして言われているのが、ドーパミンなどの
    脳内神経伝達物質の不足です。
    これらの神経伝達物質が不足することで前頭前野がうまく働かないことも
    原因ではないかと考えられています。

    そのために、過集中になって切り替えができなかったり、
    暴走してしまったり、エネルギーのコントロールが苦手で、
    動き回っていると思ったら急に電池が切れたようになってしまったり、
    日常生活の中で様々な支障があります。

    この神経伝達物質は、「運動」によって分泌を促し
    調整することができるので、運動療育での運動あそびは
    子ども達の脳もしっかりと育てていくことができます。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「コウモリでなぞなぞゲーム」をご紹介します。

    まずは、鉄棒で逆さまにぶら下がるコウモリになります。
    そしてそのままの姿勢でなぞなぞやクイズに答えて遊びます。

    一見簡単そうに見えますが、逆さまにぶら下がった状態で
    問題を聞きとって理解し、その答えを導きだして答える
    ということは子ども達にとって難易度の高い遊びになります。

    逆さまの状態では、普段より考える力が低下しているので
    普通の状態で考えるよりも、判断力や思考力を
    強く養うことができるのです。

    出す問題は、子どもに合わせて写真や絵カードを使ったり、
    〇×ゲーム、動物の鳴き声を聞いて動物を当てるゲームなど
    いろいろな遊び方に挑戦します。

    達成感や成功体験を多く積んでいくことが
    子ども達の成長にとってとても重要なことなので、
    運動あそびではより多くの成功体験ができるように
    工夫しながら、楽しく遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害では物事の見え方捉え方が違い、理解が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-08-21

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASDなど発達障害は先天性の脳機能障害が原因のため、
    根本的に他の人とは物事の見え方や捉え方、感じ方が異なります。
    そのことから、発達障害の子ども達の行動の中には
    「なぜ?」「どうしてそうなるの?」と思うことが
    多々出てくると思います。

    そもそも見えている世界が違うので、なぜ?というよりは
    それを踏まえた上で接していくことが重要になります。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「スキップリレー」をご紹介します。

    子ども達をチーム分けして、スキップでリレーをします。
    大事なポイントは、必ずスキップで進むこと、
    自分の順番を忘れずにいて、順番がきたらスムーズにバトンが
    もらえるようにすることです。

    リレーなので速く進みたくて走りたくなりますが、
    それを我慢して必ずスキップで進むことがポイントです。
    ルールに則って遊ぶことで子どもの社会性や自制心が養われるので、
    1人1人の様子を見ながら無理なく取り入れるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    カレー作り

    2017-08-21

    近所にある長房市民センター調理室を借りてカレーを作って来ました!!

    子ども達は初めての事ばかりで、不安そうに調理に取り掛かりましたが包丁を持つときは近くにスタッフが付き添い、切り方を聞きながら行ったので最後は楽しそうに取り組めました。

    今回は、カレーとデザートを作りました。作業分担を決めて行なったため、一人ひとりの調理時間は長めにとることが出来ました。

    ジャガイモやニンジンを切る担当の子ども達は、楽しそうに笑顔を浮かべながら作業していました。しかし、玉ねぎ担当の子どもは涙を流しながら作業していました。調理が進んでいくにつれて、玉ねぎ担当以外の子ども達、スタッフも目に涙を浮かべていましたが全員一生懸命頑張りました。

    カレーが出来上がるまでテーブルセッティングも子ども達で整えてくれました。

    デザートづくりを担当してくれた子どもは、丁寧に可愛く作ってくれました。器が大きかったため、中身が少なく見えてしまいました… がしかし、食べてみると意外に量がありお腹いっぱいになりました。

    カレーもおかわりする子が続出!!やはり自分達で作ったカレーはとっても美味しかったようです☆☆☆

     

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries
    91
    Copyright© 2010 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.