11月, 2017年

発達障害による困難は思春期になると増える傾向にあり個別の支援が必要です。  脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-11-13

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ASD、ADHD、LDなど発達障害、その特性を持つグレーゾーンの子ども達は
小学校頃まではご両親や学校の先生、特別支援学級での支援によって
ある程度問題なく日常生活を送れていることもあります。

その後中学校になると、科目ごとに担任が変わることでフォローが
行き届かなかったり、先生によって特性理解に差があったりします。
また、思春期特有の悩みが出てきたり、学習難易度が上がったりすることで
適応が難しくなったり困難が増えることがあります。

子ども達の今の姿だけでなく、将来の姿を見据えた支援をしていきたいと思います。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
「アヒルの柵越え」をご紹介します。

まずアヒル歩きは、足を開いてしゃがみ、手をアヒルのくちばしと
しっぽのようにして、つま先立ちで歩く動きです。

このアヒル歩きで、縄やゴム紐などで作った低い障害物をまたいで歩きます。
しゃがんだ姿勢で歩くアヒル歩きは、足を一歩出すごとに
右から左、左から右へと素早く体重移動をし、
転ばないようにバランスを取りながら歩くので
やってみると意外と難易度の高い動きです。
このアヒル歩きで障害物をまたいで歩くことで、強いバランス力や
足の指先の踏ん張り力が養われます。

疲れてくるとお尻がだんだん上がって中腰になりやすいので、
しっかり下に下げた状態で歩けるように短めの距離から行なうようにします。
また、うまく進めない場合は指導者が子どもの前で手をつなぎながら歩き、
無理なく成功体験を積めるようにしています。

上手にできるようになったら障害物の高さを上げたり、
障害物の数を増やして難易度を上げていきます。
また、友達と競争したりすることも取りいれながら少しずつ上達を目指し、
身体面や精神面の発達も促していき、日常生活に活かしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ADHDなど発達障害では物事の優先順位をつけるのが苦手で支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-10

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ADHDなど発達障害特性を持つ子ども達は、優先順位をつけて行動するのが
    苦手という特徴があります。
    そのため、やるべきことが後回しになって好きなことばかりやってしまう
    傾向があります。

    家に帰ってきたらやることを順番にリストに書いておいたり、
    勉強をする時は集中できるように環境調整などをする、
    苦手なことをがんばったり勉強の後はおやつの時間にしたり、
    好きなことをできる時間にするなどの配慮も大切です。
    また、休憩時間も子どもの集中できる時間に合わせて入れながら
    進めていきます。

    発達障害特性は、自分で努力するだけでは克服するのは困難なので、
    個々に合わせて支援をしながらサポートしていきます。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「クマの姿勢で足じゃんけん」をご紹介します。

    2人ペアになって向かい合ったら、四つんばいから膝とお尻を上げて
    クマさんの姿勢になります。
    そして、顔を上げて相手を見たらタイミングを合わせて足じゃんけんをします。

    目線は相手の方に向けたままで足だけを動かすので、
    体を器用に動かす力や空間認知力が育ち、ボディイメージも高まります。
    両手をついたままジャンプして足を持ち上げるので、
    腕だけで全体重を支えることになり、腕の支持力や腹筋背筋が育ち、
    バランスを取る力も養われます。
    さらに、じゃんけんなので相手とタイミングを合わせることが重要で
    社会性の発達につながります。

    また、この動きを行なうことで上半身と下半身の連動性が高まり、
    鉄棒や跳び箱、側転など様々な運動の上達につながります。
    思い通りに動けるようになると動くのが楽しくなり、さらに運動が上達して
    本人の自信にもなるので、小さなステップアップで進めながら
    成功体験を増やしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ASDでは自分のペースやルールが崩れることが苦手で適切な支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-09

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    私達大人は、子どもを大人のペースで動かそうとばかりしがちです。
    しかし、子ども達にも自分のペースがあり、時にはそこを尊重してあげることも
    必要なことになります。

    定型発達の子でも大人でも、物事が自分の思い通りにいかなければ
    ストレスを感じるものですが、発達障害の子ども達はもっと大きなストレスを
    感じていて、不満が蓄積していきます。

    特にASD(自閉症スペクトラム)の子ども達では、自分のペースを崩されることが
    極端に苦手で、自分の中のルールや、ルーティンを変えることができないという
    特徴を持つことが多くあります。
    そのため、変更は早めに伝えるようにしたり、本人が納得できるまで
    付き合ってあげたりすることも必要になります。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「ラッココースター」をご紹介します。

    まず2人組になり、1人はラッコ役、もう1人は引っ張る役になります。
    ラッコ役の子は床に仰向けに寝転がり膝を曲げておきます。
    引っ張る役の子はその膝裏辺りを持って足を持ち上げ、
    そのまま後ろ向きでゆっくり引っ張って歩きます。

    勢いよく引っ張ると手が外れて後ろに転んでしまったり、
    壁や他の友達にぶつかったりする危険があるので、
    ラッコさんの足をしっかり持つこと、勢い良く引っ張らないことを、
    最初に約束しておきます。

    スムーズに進むためのポイントは、お互いの息を合わせることです。
    お互いに相手を良く見ながら、息を合わせて引っ張っていくようにします。

    ラッコ役の子は足を上げて頭を持ち上げ、背中を曲げるようにしながら
    左右に倒れないようにバランスをとることで、
    体幹の腹筋背筋がしっかり育ちます。
    引っ張る子は、握力や腕の力、腹筋背筋、足の指先の踏ん張る力などが育ちます。
    また、後ろ向きで進むので後方感覚も養われます。

    最初は指導者が引っ張って楽しさを感じてもらいながら、
    役を交代したり、ペアを変えたりして繰り返し遊び、
    基礎筋力や社会性の発達を促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    文化の日☆

    2017-11-09

    11月3日文化の日に、八王子市役所前の河川敷で行われた
    『子どものつどい』に参加させていただきました。

    ふわふわドーム・輪投げ・ダンス・釣り・綿菓子・焼きそば

    魅力的なお店が沢山あり、みんなの表情もワクワク感に満ちていました。

    沢山遊んで、沢山食べて、笑顔いっぱいの大満足な1日でした!!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害特性で忘れ物が極端に多い場合は個々に合わせた支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-08

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    学校の持ち物は曜日や時間割によって違ったり、
    その日の授業の内容などで変わったりするので、
    忘れ物が多い子どもの場合は、持ち物リストを作って一緒に準備をする
    などサポートが必要になります。

    そして、「リストを見ようとしている」「途中まででもリスト通り用意できた」
    などステップごとにしっかり褒めながら、最終的には1人で
    準備ができるようにしていく支援が大切です。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「跳び箱1周跳び」をご紹介します。

    低めの跳び箱を用意し、その上に両手をつき両足でジャンプをします。
    そして、跳び箱の周りをジャンプしながら時計回りに回っていきます。

    ポイントは、手の指をしっかり開いてつき、両足はバラバラにならないように
    揃えてできるだけ高くジャンプをすることです。
    速く回ろうとすると、足がバラバラになったりジャンプがおろそかに
    なるだけでなく怪我にもつながりやすいので、しっかり見本を見せながら行います。

    慣れてきたら足を高く上げたジャンプが意識できるように、
    空中で両足を打ち合わせる足打ちをしながら行ってみます。
    少しずつ難易度を上げたり、いろいろな遊び方で楽しみながら、
    腕で体を支える支持力、バランス力、跳躍力、空間認知力などを養い、
    跳び箱遊びの上達につなげていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達の中には同じ質問を繰り返す特徴を持つことがあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-07

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の子ども達の中には、わかりきっている質問を何度も
    繰り返し聞いてくることがあります。
    その理由は、不安からしている場合、楽しくてしている場合、
    同じ答えがほしいこだわりなどがあります。

    質問される側はとても大変ですが、繰り返し質問することを無理に
    止めさせるのではなくうまく受け止めてあげたり、繰り返す質問の答えを
    あらかじめ書いておいて自分で確認できるようにしたり、
    個々に一番合った方法で対応してあげることが大切です。

    適切な対応をしていくことでだんだん行動が改善されていきます。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
    「なぞなぞ大縄跳び」をご紹介します。

    1人ずつ大縄跳びを跳びながら、なぞなぞに答えます。
    回っている縄にタイミングを合わせて一定のリズムのジャンプを維持しながら
    人の話を聞いて内容を理解し、その答えを考え出すのは
    子ども達には難易度の高い作業になります。
    最初のうちは簡単な質問を出し、少しずつ難易度を上げていきます。
    そして、大縄跳びをしながらなぞなぞに答えることで、2つのことを
    同時に処理する力や、言葉の理解力や判断力、考える力を育てていきます。

    また、5回くらい縄を跳んでも答えが出ない場合は、ヒントを出したり
    違う問題を出して、いつも答えが出せるようにしています。
    中には大縄跳びが苦手な子もいるので、子どものジャンプに合わせて
    縄を回すようにし、できるだけ失敗しないようにしながら、
    失敗体験よりも成功体験を積んでいけるようにしています。

    そうして自信をつけながら今後の様々な活動につなげていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    障害特性についてよく知り、それに合わせた環境調整が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-01

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の診断を受けるかどうかを決めるのは、本人やご両親の判断です。
    ただ、生活面、学習面などで多くの困難を感じていれば、
    適切なサポートを受けられないのは、とても生きにくく不安やストレスの
    多い辛い毎日です。
    障害特性についてよく知り、生活しやすいように環境を整えてあげれば
    持っている力を引き出し、良い方向に伸ばしていくことができます。

    支援が必要なお子さんに、少しでも早く適切な支援が行き渡るように
    私達も活動をしていきたいと思います。

    こどもプラスの放課後等デイサービスでは運動療育を主軸としています。
    今日はその運動療育プログラムの中から「まねっこ遊び」をご紹介します。

    指導者が「頭」「お腹」「膝」「ほっぺ」など体の部位を言いながら
    その部分を触るので、子ども達も同じように言葉で言いながら
    自分の体のその部分を触ります。

    ただ動きを真似するだけでなく、言葉も発するのがポイントです。
    そうすることで言葉の理解を促したり、相手の言葉に集中する力を
    養うことができます。

    慣れてきたら、スピードを速くしたり、歩きながら言葉と動きを真似してみるなど、
    少しずつレベルアップしながら遊んでいき、
    社会性やコミュニケーション能力、集中力、模倣力などを育てていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 Newer Entries »
    91
    Copyright© 2010 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.