失敗を極端に恐れる自閉症児には根気良く自信をつけさせてあげることが大切です。

2017-04-11

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

自閉症などASDの子ども達は、間違いや失敗を
極端に恐れる傾向があります。
テストで100点をとれなかったり
少しでも間違えたら自分はダメな人間だと思ってしまったりします。
少しずつ妥協点を見つけたり、間違えても大丈夫ということを
根気良く伝えていくことが必要です。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは
運動療育を主軸として療育を提供していますが、
その運動療育プログラムから「足を渡るクマ」をご紹介します。

指導者が足を開いて床に座っているので、
その足を踏まないようにクマ歩きで渡っていきます。
クマ歩きは、四つんばいから膝とお尻を上げた姿勢です。

指導者の足を踏まないようによく見て、
自分の手足の動きをコントロールして歩きます。
これによって空間認知能力が育ち、
日常生活でも物や人にぶつかることがなくなってきます。

途中から足の角度を狭くしたり、
膝を曲げて少し高さを出したりしながら
少しずつ難易度を上げて行ない、
身体コントロール力をしっかり身につけていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02
    91
    Copyright© 2010 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.