発達障害は単独ではなく合併していることもあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

2017-04-11

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害と一言でいってもその症状や特性は様々で、
場合によっては複数の障害を合併していることもあります。
子どもの症状に合わせた対処や療育が必要です。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは
運動あそびによる運動療育を主軸としています。
運動療育プログラムの中から「跳び箱でカエルの足打ち」をご紹介します。
まず両手をパーに開いて、跳び箱の上に
肩幅の広さでつきます。
顎を開いて前を向いたら、足を後ろに蹴り上げて
空中で2回足裏を打ち合わせます。

この時、腕の力が弱かったり足を高く上げすぎると
前のめりに落ちてしまうことがあるので、
補助につきながら行ないます。

この遊びでは、体を支える腕の支持力と
空中でバランスをとるための腹筋背筋や高所感覚が養われます。
跳び箱や側転の上達につながる動きなので、
できるだけ足を高く上げて足打ちができるようにします。

腕の力がつくことで、普段転んでしまった時にも
顔への怪我を防ぐことができます。
遊びながら、日常生活で役立つ力をつけていけるように
促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02
    91
    Copyright© 2010 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.