ADHDでも不注意優勢型は気付かれにくいことがあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-05-31

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHDの主な特徴は「不注意」「多動性」「衝動性」ですが、
どれかの特性が優勢だったりその現れ方や程度は個人差が大きく、
家庭と学校で違っているなど、関わる人や環境によっても変わります。

そして、特に不注意特性だけが強い子の場合は
周囲から気付かれにくく、支援が遅れてしまいやすいので注意が必要です。
症状が目立たなくても、子どもの行動をしっかりと観察していけば
どれだけの困り事があって、どんな支援が必要なのかが
見えてくるので、発達障害の診断の有無に関わらず療育支援を
受けることがとても大切です。
私達も、様々な活動で支援を広げていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービス教室で提供している
運動療育プログラムから「ポイントジャンプ」をご紹介します。

A4サイズほどの大きさに切ったダンボールやヨガマットを
複数用意し、飛び石のように間を空けて配置します。
これを石に見立てて、石の上だけを両足ジャンプで跳び移って
渡っていきます。
ジャンプをする時は、両足を揃えたジャンプが脚力や腹筋背筋を
養うのに効果的なので、足を閉じたジャンプを意識して行います。

また、石と石の距離をランダムに配置することで
跳ぶ時に頭の中でうごきのシュミレーションがされて
空間認知力を強く育てることにつながります。
また、石と石の距離やそれを跳ぶのに必要なジャンプの大きさ、
力の入れ具合、着地時の姿勢やゴールまでの道順などを
考える力も養われます。

最初は石の上だけを渡れれば良いですが、慣れてきたら
石に色をつけて「青い色だけ渡る」「赤→青→黄の順番で渡る」
「赤は爆弾だから乗ってはいけない」などの
乗って良い色や乗ってはいけない色、順番や数などを
指定しながら遊ぶことにも挑戦していきます。

個々の集中力に合わせたり、興味を持てる工夫などもしながら
楽しく療育活動でスキルアップを目指していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02
    91
    Copyright© 2010 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.