予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

Posts Tagged ‘ワーキングメモリ’

運動療育がADHDの会話の苦手さの改善にもつながります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-02-22

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHDでは、自閉症スペクトラムの人と違って
空気が読めない、相手の気持ちがわからないということはないので
会話の苦手さはないように思われがちですが、
原因は違えど、ADHDでも会話の苦手さはあります。

会話をするには、相手の言った言葉を一時的に記憶して
会話のつながりを保つことが必要になるので、
ワーキングメモリが弱いことで会話がスムーズにできません。
そのため、会話をすることに苦手意識を持ち、
人と関わることをやめてしまうと、どんどん苦手になってしまいます。

会話をすることは生きていく上で欠かせないものなので、
少しずつ練習していくことが大切です。

ワーキングメモリは運動によって鍛えることができます。
こどもプラスでは、運動あそびによる運動療育で体を動かし、
同時に心や脳も育てることを大切にしています。

その運動療育プログラムから「リズムに合わせてグーパー跳び」
をご紹介します。
床に縄などで2本線を引き、線の中をグー、線の外をパーの姿勢で
跳びながら進んでいきます。
グーは両手を曲げて胸の前にくっつけ、足を閉じてジャンプ。
パーは両手両足を伸ばして大きく広げたジャンプです。

これを、指導者の出すリズムに合わせて行なってみます。
自分のリズムではなく人のリズムに合わせて動くことは
とても高度な動きで、脳の前頭前野に良い刺激を与えてくれます。
少しずつスピードアップしながら、楽しんでやっていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top