忍者遊びで体をコントロールできるようになります。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-02-26

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

教室で行っている運動療育プログラムの中には、忍者の遊びがたくさんあります。

忍者は音を立てないように静かにすることが基本なので、

抑制力や集中力、体の調整力などが身に付きます。

 

今日は、その中から「忍者ダッシュ」のご紹介です。

足音を立てないように静かに移動してみます。

ドタドタと足音をさせないように進むには、

低い姿勢でかかとをあげてつま先歩きになることがポイントです。

足を高く上げずにすり足のようにすると静かに歩けます。

 

この普段と違う歩き方をすることで、体の動きをコントロールする力がつき

転びやすい子もだんだん転びにくくなります。

自分の体をうまくコントロールして動けるようになると、

動くことが楽しくなり、運動することもどんどん好きになります。

私たちも肯定的な声かけをしながら行い、

子ども達が自ら成長していけるように応援したいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top