予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

連続ジャンプの上達に「おつかいカンガルー」です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-02-24

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

大縄跳びなどで連続ジャンプをするためには、

両足を閉じてくっつけた状態でジャンプすることが大切です。

でも、子ども達は続けてジャンプをするうちに、

だんだん足をくっつけることに意識がいかなくなり、

足がバラバラのジャンプになってしまいます。

足がバラバラになってしまうと、その場で連続で跳び続けることもできなくなり、

腹筋や足の力もつきません。

 

そこで、足をくっつけて跳ぶことを意識するために、

「おつかいカンガルー」という遊びがあります。

膝の間にお手紙を挟んで、落とさないように両足ジャンプでゴールに届けます。

最初は紙だと難しいこともあるので、タオルなどで行ったりもします。

「足をくっつけて!」と言うよりも実際に挟むものがあると、

足に意識を向けやすいので効果的です。

こんな遊びで、自然に上手なジャンプができるようになっていきます。

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top