ぶら下がり遊びで握力や腕の力をつけます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-04-11

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

鉄棒にぶら下がる遊びでは、腕の懸垂力や握力を育ててくれます。

握力をつけることは手先を器用に使うのに必要な力も養ってくれます。

そして、ぶら下がって足を持ち上げることで腹筋や背筋もつけることができます。

 

今日はその動きを取り入れた「さるのぶら下がり」のご紹介です。

鉄棒にぶら下がったら、足を曲げて少し持ち上げます。

そして、おさるさんのように体をぶらぶら揺らしてみます。

最初は3~5秒くらいぶら下がれたらOkです。

おさるさんの姿を思い浮かべながらできると良いので、

絵カードや写真を使ったり動きの見本を見せたりしながら行ないます。

先生や上手な子を見て真似することも療育になるので、

1つ1つ工夫しながらできるようにしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top