記憶力、抑制力、空間認知などを養う「動物のフープ渡り」です。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-04-12

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

フープを使って渡っていく遊びはいくつも種類がありますが、

「動物のフープ渡り」では、変身する動物を自分で選んで行ないます。

まず、フープは間隔を空けながらバラバラに複数配置します。

そしたら1人ずつ、今までやったクマ、うさぎ、カエル、カンガルーなどの

動物の中から1つ選び、その動物の姿勢でフープの中を渡っていきます。

 

その動物の動きやポイントを思い出して最後までやり続けることで

抑制力や集中力もつき、フープの間隔が空いていることで空間認知も身に付きます。

速くゴールすることが目的ではないので、

動物の動きや、フープに当たらないことを意識して行ないます。

2回目3回目は違う動物でチャレンジしたり、

違うコースで進んでみたりと楽しく遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top