5月 11th, 2016年

カニ歩きで、足を閉じて座るための筋力を育てます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-05-11

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

足の内股の筋力がないと、椅子に座った時に足を閉じていることができません。

背筋が曲がって足を開いて座っていると、

見た目が悪いだけでなく集中力の低下や

肥満、骨格のゆがみなど身体的にも精神的にも様々な悪影響を及ぼします。

良い姿勢を作り、維持できるような力を養っていきたいと思います。

 

足の内股の筋力を鍛えるのに効果的な「平均台でカニ歩き」のご紹介です。

平均台は2本用意し、くっつけて並べます。

その上に横向きに乗ったら、手は顔の横でチョキにしながら横歩きをします。

横歩きをすることで足の内股の筋肉が刺激されます。

平均台の上で行なうことでバランス力も鍛えながら行なうことができます。

急がずゆっくり行なえるように声掛けしながら、

筋力や集中力も身につけていけたらと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「カエルのフープ渡り」で空間認知力を高めます。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-05-11

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラムの「カエル」は腕で体を支える支持力や足の跳躍力を

    主に育てるための動きで、跳び箱の動きにつながる遊びですが、

    このカエルさんにアレンジを加えることで他にも力を伸ばすことができます。

     

    フープを使った「カエルのフープ渡り」をご紹介します。

    複数のフープを一列にくっつけて並べてコースを作ります。

    そして、カエルさんでこのフープの中だけを通って渡っていきます。

    フープは1つではないので、先を読みながらフープの中に体が入るように考えて

    進んでいく必要があります。

    そのためにはカエル姿勢を覚えていて維持していく必要もあります。

    ジャンプの高さや強さなどを調節しながらできるように、繰り返し挑戦していきます。

    集中力も使うので、あまり長い時間行なわず短い時間で区切って、

    楽しさを損なわないように練習していきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top