療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

5月 12th, 2016年

足の器用さを養いながら腹筋も強くします。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-05-12

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「カップの取り合い」をご紹介します。

まず友達と2人組みになって隣に座ります。

体操座りのように座ったら手は後ろにつきます。

そして足を持ち上げ、床に置いてあるカップを1人が足の指先で挟みます。

そしてもう1人に渡す、という動きをお互いにやってみます。

できたら、そのカップを足の指先だけで2人で取り合いしてみます。

足の親指と人差し指を器用に動かして挟む力が必要です。

そして、足だけを浮かせた状態なので足先から腰までの力や

腹筋背筋も育ててくれ、友達と2人で行なうことで

コミュニケーション能力などの力も刺激される遊びです。

 

抑制の部分が強い遊びなので、前後に発散させるような遊びも入れて

調節しながら活動していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    逆さまでも自分の体をイメージできるように練習します。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-05-12

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    私たちは逆さまになった状態では、いつも通りに判断することができません。

    つまり、判断力が低下した状態になります。

    このような状態で頭を使うことはとても良いトレーニングになります。

     

    逆さまになった状態で体を動かす「お便りコウモリ」のご紹介です。

    まずは鉄棒に両手と膝をかけてぶらさがるコウモリになります。

    ここから足を離して手だけでぶら下がります。

    足は鉄棒から離したらゆっくり顔の方に倒していきます。

    そして逆さまの前屈にような姿勢で静止できたらOKです。

    自分の体の状態をイメージしながらゆっくり足を動かしていかないと

    勢いよく回って落ちてしまいます。

    腹筋や背筋にもしっかり力を入れてゆっくり動かすことを意識します。

     

    手だけでぶら下がるので、落下や勢いよく回ることで肩が外れてしまわないように

    いつでも支えられる位置で補助を行ないながら遊びます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top