療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

6月 24th, 2016年

「高速カンガルーのカップタッチ」で跳躍力・判断力を養います。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-06-24

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「高速カンガルーのカップタッチ」をご紹介します。

まず、床に赤、青、黄、緑などの色のついたカップを間を空けて並べます。

そしたら足を閉じてくっつけたまま跳ぶカンガルージャンプで、

カップをタッチしながら進んでいきます。

大事なことはカップをタッチするときに、そのカップの色を声に出すことです。

そうすることで判断力や認識力を高めることができます。

 

なれてきたら、タッチするカップの色を「黄色だけ」「緑と赤以外」「トマトの色」など

いろいろな言い回しで指示を出し、イメージ力なども育てながら遊んでいきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「タオル回しジャンプ」で短縄跳びの習得につなげます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-06-24

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラム「タオル回しジャンプ」をご紹介します。

    この遊びで、短縄跳びで必要な腕回しとジャンプのタイミングを合わせることを

    覚えていき、短縄跳びができるようになっていきます。

     

    まずは、半分の長さに折ったタオルを両手に1本ずつ持ちます。

    そしたら、タオルを回しながらタイミング良くジャンプしてみます。

    最初はゆっくり、徐々に速く回せるようにします。

    次にタオルを伸ばして持ち、ゆっくり大きく回して跳んでみます。

    そしたらそのまま前に跳びながら進んでいきます。

    これらの動きがスムーズにできるようになると、短縄跳びが早く習得できます。

     

    このやり方では縄にひっかかることがないので、

    子ども達は失敗経験を重ねずに習得に向かっていくことができ、

    結果的にスムーズな習得につながります。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top