「色別ウシガエル」で判断力、記憶力を刺激します。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-07-25

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「色別ウシガエル」をご紹介します。

まず、床に2本のテープを貼って線路に見立てます。

その線路の中には赤色の印を、外側には青色の印を交互になるようにつけておきます。

子ども達には「赤は手、青は足」をつくように伝えておき、

最初は赤に両手をつき、次に足でジャンプして青色に着地します。

そしたらまた手を赤について、足を青に、というように繰り返して進んでいきます。

 

赤は手、青は足と最後まで覚えておく記憶力と、

色を見て、手をつくのか足をつくのかを判断する判断力を使いながら体を動かして遊びます。

最初はゆっくり進み、少しずつスピードを上げられるようにしたり、

印の位置を離したり、赤と青をランダムにしたりしながら

さらに力の発達を促しながら、楽しく遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top