8月 23rd, 2016年

先を見通す力を育てる「クマのフープ渡り」です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-08-23

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「クマのフープ渡り」をご紹介します。

フープは複数用意し、床に並べます。

そしてそのフープに当たらないようにフープの中だけに手足をつきながら、

両手と両足で歩くクマ歩きで歩いていきます。

 

どの位置に手をついて、足はどの位置に持ってくれば当たらずに進めるかを

考えながら進むことが必要になります。

フープは直線のコースだけでなく、左右にジグザグのコースにしたり、

フープとフープの間を離したりといろいろなコースに挑戦することで

空間認知や先を読む力を強く育てていくことができます。

子ども達が楽しめるような設定やコースのアレンジをしながら

一緒に楽しく活動していきたいと思います。

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「並びゲーム」で判断力、行動力を身につけます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-08-23

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラム「並びゲーム」をご紹介します。

    教室の中に、あらかじめ目印のポイントや色紙を貼っておきます。

    そして、子ども達に指示を出します。

    例えば「朝ごはんにパンを食べてきた人は赤い紙のところに並びましょう」

    「朝歯磨きをしてきた人は跳び箱の前に並びましょう」などです。

    子ども達は、記憶を呼び起こしながらそれが自分に当てはまるかを考え、

    指示された場所に移動します。

     

    この遊びでは、指示をよく聞いて理解しなければ動けないので、

    聞く力や理解力、認識力なども鍛えていきながら、

    判断力や行動力、記憶力といった力を高めていくことができます。

    指示の内容は、簡単なものから始め、少し複雑なものにも挑戦していけるように、

    子ども達の興味を惹きながら遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top