療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

最近の投稿

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

9月 13th, 2016年

「わにさんでグルグルタッチ」で社会性も養っていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-09-13

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「わにさんでグルグルタッチ」をご紹介します。

まず、友達と2人ペアになり、向かい合うようにうつ伏せのわにさんになります。

そしてその場でお腹を軸にして、手だけを使ってグルグルと回転します。

1周してお互いの顔が向かい合ったところで、片手でタッチをします。

次は1周目と反対周りに回って、また同じように顔が向かい合ったらタッチしてみます。

 

相手と動きを合わようとすることや、相手が遅くても待っていること、

片手が合うようにタッチをすることなどで社会性、コミュニケーション力も養います。

 

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「ジグザグタオル回しジャンプ」で短縄跳びの上達につなげていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-09-13

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラム「ジグザグタオル回しジャンプ」をご紹介します。

    短縄跳びを習得するのに重要な、腕回しとジャンプのタイミングを合わせることを、

    縄の代わりにタオルを使って練習していきます。

    タオルにすることでひっかかることがなくなるので止まらずにでき、

    失敗経験も減らして練習をすることができます。

     

    やり方は、両手に1本ずつタオルを持ち、前に回しながら

    ジグザグのコースをジャンプして進んでいきます。

    少しずつ、腕回しとジャンプのタイミングが合うように意識しながらできると

    短縄跳びをするときにもひっかからずに上手に跳べるようになります。

    ジグザグコースにすることで強い空間認知も身に付くので、

    繰り返し遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top