「ジグザグ片足クマ」で強い体幹と、体をコントロールする力を育てます。

2016-11-15

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

運動療育プログラム「ジグザグ片足クマ」をご紹介します。
床には1本の縄を、縦にまっすぐに置いておきます。
縄の前で、四つんばいから膝とお尻を上げ、
さらに片方の足を上げる片足クマの姿勢になります。
両手は縄の両側に挟むようにつき、手→足→手→足の順番になるように進みます。
足は縄を中心に左右交互になるように動かして進んでいきます。

1本線をジグザグに進むことで、視覚で縄を捉える空間認知力や、
下半身の動きをコントロールする力、
左右交互に進むという記憶の操作力などを育てることができます。

そして、バランスを崩さないように進むために一番重要なのが
足をつく位置と、腹筋背筋の力です。
一番踏ん張りのきく位置に足をつき、腹筋背筋に力を入れて
バランスを取ることで強い体幹を作り、思い通りに動ける体作りを目指します。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top