「平均台でカニ歩き」で良い姿勢を作るのに必要な筋力をつけます。 

2016-11-21

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

運動療育プログラム「平均台カニ歩き」をご紹介します。
平均台を2本横に並べて幅を広くし、上に体を横向きして乗ります。
両手は顔の横に上げてチョキにし、カニのハサミのようにします。
その姿勢を維持したままで、横向きのカニ歩きで渡っていきます。

平均台の上から落ちないようにバランスをとりながら、
両手を上げてカニのハサミのようにすることで、
2つのことに同時に意識を向ける力をつけます。
複数のことに同時に意識を向けることができるようになると、
運動の場面でも生活のあらゆる場面でも大いに役立つ力になります。

また、横向きに歩くことで足の内股の筋肉が刺激されます。
この筋力は、座るときに背筋を伸ばして足を閉じて座るために必要な筋力です。
良い姿勢で机に向かうことは集中力を高めることにもつながるので、
必要な力をしっかりと養っていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top