先を読む力をつける「クモの巣反転ジャンプ」です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-11-01

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「クモの巣反転ジャンプ」をご紹介します。

クモの巣に見立てた1本の線が引いてあるので、その線をまたぐように両手を向こう側につきます。

そして、合図があったら手は動かさずに足だけジャンプして、

体を反転させるようにして線を跳び越えます。

続いて2回目の合図があったら、1回目のジャンプの動きを巻き戻すように

足だけを元の場所に反転ジャンプさせて戻ります。

 

合図をよく聞いて動くことと、2回目のジャンプでは1回目と逆方向に跳ぶことを

頭の中でイメージをして、体を操作することが必要です。

これを連続して行ない、ジャンプの度に次のジャンプの準備姿勢をとることを

自然と覚えていくことで、先を見通す力が身に付き、

腕で体を支える支持力が育つので、跳び箱や側転にもつながっていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top