療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

11月 1st, 2016年

「後ろ向きスキップ」で走りの上達を目指します。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-11-01

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

運動療育プログラム「後ろ向きスキップ」をご紹介します。

後ろ向きになって、ゆっくりスキップをしていきます。

後ろを見ないで進むのは危ないので、顔をひねって後ろを見ながら進むようにします。

後ろに進んでいくことで、後方感覚を育てることができ、

今後動きの幅を広げていくことにもつながります。

 

そして、通常のスキップでは太ももの前の筋肉を使って足を上げて進みますが、

後ろ向きスキップでは太ももの後ろ側の筋肉を使います。

この筋肉は歩いたり走ったりする時に前に進む推進力を生み出すので、

走るときにドタバタしていてなかなか前に進まない子や、

姿勢が悪い、転びやすいといった子におすすめです。

 

後方の安全をしっかり確保し、楽しく遊べるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    先を読む力をつける「クモの巣反転ジャンプ」です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-11-01

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

     

    運動療育プログラム「クモの巣反転ジャンプ」をご紹介します。

    クモの巣に見立てた1本の線が引いてあるので、その線をまたぐように両手を向こう側につきます。

    そして、合図があったら手は動かさずに足だけジャンプして、

    体を反転させるようにして線を跳び越えます。

    続いて2回目の合図があったら、1回目のジャンプの動きを巻き戻すように

    足だけを元の場所に反転ジャンプさせて戻ります。

     

    合図をよく聞いて動くことと、2回目のジャンプでは1回目と逆方向に跳ぶことを

    頭の中でイメージをして、体を操作することが必要です。

    これを連続して行ない、ジャンプの度に次のジャンプの準備姿勢をとることを

    自然と覚えていくことで、先を見通す力が身に付き、

    腕で体を支える支持力が育つので、跳び箱や側転にもつながっていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top