療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

11月 9th, 2016年

「足高かけっこ」であおり動作が上達し速く走れるようになります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-11-09

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

体がふらふらせずに安定して歩くことや、まっすぐに走ることを身に付ける遊び、
運動療育プログラム「足高かけっこ」をご紹介します。
かけっこで速く走るのではなく、太ももを高く上げて走っていきます。

1歩ずつ確実に地面を蹴って、足を高く上げることを意識するこの動きで、
「足のあおり動作」が正しくできるようになります。
あおり動作とは、かかとからつま先に向かって体重移動をしながら
地面をつま先で蹴りだす動作のことです。

この一連の動作が上達することで足裏の土踏まずが発達し、
しっかりとした体の基盤作りができてきます。
土踏まずの発達は、転びにくさや疲れにくさにも効果があるので、
日常生活においてもとても重要になります。
遊びながら、しっかり育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「動物フープ渡り」で先を読みながら動く力を身につけます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2016-11-09

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    運動療育プログラム「動物フープ渡り」をご紹介します。
    複数のフープを、少し間隔を空けながら床に並べてコースを作ります。
    子ども達は今までにやってきた、クマ、ウシガエル、カンガルーなど
    好きな動物に変身したら、フープの中だけに手足をついて渡っていきます。

    最後まで動物姿勢を維持すること、フープからはみ出さないように進むことを約束し、
    速くなくて良いので丁寧に渡っていきます。
    フープの中だけに手足をついて進むことで、手足をつく位置を先読みしながら
    進むことができ、集中力や空間認知能力を高めることができます。

    難易度を上げる方法は、足音を立てないで進むようにしたり、
    入ってはいけないフープの色を指定するなどいろいろな方法があります。
    楽しくできる方法を考えながら、いろいろなことを経験できるように遊んでいきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top