療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

アンケート

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

11月 21st, 2016年

「平均台でカニ歩き」で良い姿勢を作るのに必要な筋力をつけます。 

2016-11-21

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

運動療育プログラム「平均台カニ歩き」をご紹介します。
平均台を2本横に並べて幅を広くし、上に体を横向きして乗ります。
両手は顔の横に上げてチョキにし、カニのハサミのようにします。
その姿勢を維持したままで、横向きのカニ歩きで渡っていきます。

平均台の上から落ちないようにバランスをとりながら、
両手を上げてカニのハサミのようにすることで、
2つのことに同時に意識を向ける力をつけます。
複数のことに同時に意識を向けることができるようになると、
運動の場面でも生活のあらゆる場面でも大いに役立つ力になります。

また、横向きに歩くことで足の内股の筋肉が刺激されます。
この筋力は、座るときに背筋を伸ばして足を閉じて座るために必要な筋力です。
良い姿勢で机に向かうことは集中力を高めることにもつながるので、
必要な力をしっかりと養っていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    日常生活でも役立つ「回転感覚」を育てる「じゃがいも迷路」で遊びます。

    2016-11-21

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    運動療育プログラム「じゃがいも迷路」をご紹介します。
    マットを縦、横、縦、横とジグザグになるように並べておきます。
    マットの端に仰向けに寝転び、膝を曲げたら体操座りのように
    両腕で足を抱え込んで体を小さくします。
    この姿勢のままで横にごろごろ転がっていきます。
    体を丸めたまま転がるので、勢いをつけていかなければ
    スムーズに周りながら進んでいくことができません。
    さらにマットはジグザグになっているので、落ちないように先を読みながら、
    タイミングよく方向転換することが必要です。

    この遊びでは回転感覚だけでなく、先を読む力や空間認知力、
    身体コントロール力も上げていくことができます。
    最初はまっすぐに進むだけでも難しいことがあるので、
    子ども達の段階に合わせて、アレンジしながら遊んでいくようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top