放課後等デイサービスには知的障害児、発達障害児、様々な障害を持つ子どもが通っています。 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-01-24

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

放課後等デイサービスに通っている子ども達は、
知的障害児、ダウン症児、自閉症スペクトラムやADHDなどの発達障害児、
療育手帳の発行は受けられないが受給者証はもらえる発達に遅れがある子、
など様々です。

私達こどもプラスの教室で主軸としている運動療育では、
脳の働きを向上させる独自の運動プログラムを用いて、療育活動を行なっています。
運動といっても「運動あそび」なので、
遊びながら生活力向上を目指すことができ、
何よりも個々の段階に合わせてカリキュラムを作ることができるので安心です。

その運動療育プログラムの中から「足を使った積み木積み」をご紹介します。
まず大きめの積み木やブロックなどを用意しておき、
その前に体操座りのように膝を立てて座り、両手は後ろについておきます。
そして足だけを使って積み木などを積み上げていきます。

積み木などを持ち上げる時は、両足の親指辺りで挟むようにします。
できるだけ高く積めるように挑戦しながら遊びます。

この遊びでは腹筋背筋や太ももの筋力、足の内側の筋力が養われ、
日常生活での姿勢保持に必要な力が身につきます。
良い姿勢を維持することは集中力を上げることにもつながるので、
必要な筋力をしっかり養いながら、頭を使って遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top