予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

逆上がりも段階を追った遊びで力をつけていくとスムーズに習得できます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-01-06

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

運動療育の中で子ども達に身に付けてもらいたい力の1つに
「ぶら下がる腕の力(懸垂力)」があります。
現代の子ども達が弱くなっている力の1つで、
この力をつけていきながら、逆上がりの習得も目指していきます。

まずは「おさるさん」になったつもりで、鉄棒にぶら下がって体を揺らします。
この時、できるだけ肘を曲げて腕に力を入れた状態でできるようにします。

ぶら下がりができたら、次は足裏を打ち合わせる「足打ち」を行います。
空中で足を持ち上げて動かすことで、腹筋や太ももの筋力が使われます。

少し長い時間ぶら下がれるようになってきたら、
ぶら下がっている足の辺りにボールを投げていくので、キックしてもらいます。
右足と左足で2回ずつ交互に蹴ってみたり、
蹴ってはいけないボールの色を指定したりしながら遊び、
体の動きを調整したり、指示を記憶して実行する力、判断力なども養います。

こうした遊びを通して、少しずついろいろなことができるようになり、
逆上がりのような難易度の高い運動も達成できるようになっていきます。
逆上がりができることは、子どもにとってはステータスになり、
大きな自信をつけることにつながるので、習得に向けて
無理なく力をつけていけるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top