11月, 2017年

段階を追った運動あそびで生活面でのスキルアップにもつなげていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-11-29

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

日常生活での手先を使った動作はいろいろありますが、
ある程度の年齢になるとほとんどの子が
ボタンの留めはずし、箸を使う、鉛筆を握る、靴ひもを結ぶなどの
手先を器用に動かす動作ができるようになります。

しかし、発達障害の子ども達の中には、極端に手先が不器用で
日常生活で困難さを感じていることがあります。
うまくできないことからかんしゃくを起こしたりすることもあるので、
手助けをしたりやりやすい物に換えるなど、
周囲が支援してあげることが必要になります。

また、手先の発達を促すには、ハイハイのように腕で体を支える動きや、
腕で何かを押すような動きを十分にしてきていることが必要です。
体の中心に近い大きな筋肉から鍛えていくことが
手先の器用さにつながっていくので、運動あそびを通して力をつけ、
日常生活でのスキルアップを目指していきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「線路で4方向のウシガエル」をご紹介します。

まず床に2本の縄やテープで線路を作ります。
足を開いてしゃがんだら、両手はパーに開いて線路の中につきます。
そして、手はついたままで線路の右側に両足一緒にジャンプをし、
続いて線路の左側にまた両足でジャンプをします。
それから最初の位置にまた両足ジャンプで戻ったら、
最後に足を開いてウシガエルの姿勢で前に跳びます。
この動きを1セットとして、繰り返しながら前に進んでいきます。

この遊びでは体幹の筋力や腕の支持力を養うことができ、
体の動きをコントロールする力も育てることができます。
そのため、この動きが素早くできるということは、自分の体を自分で
コントロールする力がついているということになります。
最初はゆっくりで良いので確実に行ない、少しずつ上達を目指していきます。

このような遊びを通して、手先の器用さの獲得にもつなげていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害特性ゆえにできないことも根気良い支援で改善につながります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-27

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    子ども達の中には、発達障害の特性ゆえに人から呼ばれた時に反応できず、
    相手に誤解を与えたり、トラブルになってしまうことがあります。
    相手の呼びかけに反応できない理由は、今やっていることに夢中になっていて
    気がついていない、声は聞こえていても自分のことだという認識が
    薄いなどの理由があります。

    特に好きな遊びに熱中している時は過集中になりやすく、
    周囲に気付けないことが多いので、声をかける側の工夫が必要になります。
    話しかける前に子どもの視線に入ってから声をかけたり、
    肩を軽く叩いたりする方法も有効です。

    繰り返し対応していくことで改善できることが多いので、
    根気よく丁寧に支援をしていくことが大切です。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「クモの巣渡り(側転)」をご紹介します。

    2本の縄を床から15センチほどの高さに、間を空けて
    並行になるように設置します。
    そして縄の外側に縄と並行の向きで立ち、2本の縄の間に両手をついたら
    両足で横方向にジャンプして縄を跳び越します。

    ポイントは、両手を肩幅にして手が縄と並行になるようにつくこと、
    目線を手ではなく着地点の方向に向けておくことです。
    着地点には、わかりやすいようにテープなどで印をつけておきます。
    右から左へのジャンプ、左から右へのジャンプの両方に挑戦します。

    この遊びは側転につながっていく動きなので
    足を高く上げて跳べることが目標ですが、
    最初のうちは足を高く上げられなくても横ジャンプができればOKです。
    慣れてきたら少しずつ着地点を遠くにしたり、
    縄の高さを少しずつ上げながら上達を目指していきます。

    あと少しがんばったら達成できるところに目標をおいて、
    より多くの成功体験や達成感を感じることができるように遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    足湯

    2017-11-27

    北野にある あったかホールの「ポカポカ足湯」に行って来ました。

    雨がパラパラ降って寒かったのですが、子ども達は足をポッチャっとつけると...。

    「わぉ~、温かぁ~い」
    足も心も  ♪ ほっこり ♪  と温まる一日でした。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    療育では子どもの発達や興味に合わせてできる方法を考えていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-24

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害を持つ子ども達の中には、1つの作業を最初から最後まで
    やりきることが難しい場合があります。
    その子の特性によっても違いますが、まずはできないところと
    できるところを洗い出すことが大切です。
    そして、その子が今の段階でできるような工夫をし、
    作業の手順や順番などを絵などを使いながら書き出して
    それを見ながらこなしていくようにするなどの方法も効果的です。

    時間はかかっても、例えばASDでは一度覚えるとその後は紙を見なくても
    きっちり行なうことができるので、家庭でのお手伝いや学校の当番や
    係の仕事でも活かすことができます。

    今の発達段階や子どもの興味に合わせてスモールステップで支援を
    していくことがとても重要です。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
    「いじわる回転縄跳び」をご紹介します。

    まず、ビニールテープで床に四角をかいておき、子どもはその中に入って
    はみ出さないようにしながら、四角の中で大縄跳びを跳びます。
    そして、その時ジャンプと同時に体を一回転させます。

    この回転大縄跳びを繰り返しますが、
    いじわる縄跳びなので時々途中で縄を止めます。
    縄が止まったらジャンプはしません。

    床の四角からはみ出さないように回転ジャンプをしながら、
    回っている縄の位置を把握し続けることが必要です。
    回転ジャンプに意識を向けすぎてしまうと、縄が止まっても
    気付けなかったり、縄に引っ掛かってしまいます。
    反対に縄ばかりに意識を向けていると、四角からはみ出してしまいます。

    リズム良く一定の場所で跳ぶ、回転しながら跳ぶ、縄の動きを見て
    タイミングを合わせる、という複数の動作を組み合わせることで、
    巧緻性や調整力が養われ、体を器用に動かす力や柔軟な思考が身に付きます。

    難易度の高い遊びなので、苦手な場合は縄を一回転させずに
    足元で左右に揺らす小波跳びから行なったり、
    縄を子どものジャンプに合わせて回すようにしながら
    少しずつステップアップを目指して遊びます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    いちょう祭り

    2017-11-23

    『いちょう祭り』に出店しました!


    子ども達は元気いっぱいに呼び込みをしました。

    お客さんが買ってくれると大喜び!!

    4時間頑張って・・・・・
      ♪ 完売 ♪ いたしました!!!!!

    スタッフ・子どもびっくりの結果です。

    当日、遊びに来てくれた方々ありがとうございました\(^o^)/

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    事前の調整で発達障害の子ども達の問題行動は減らすことができます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-22

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の子ども達は感情のコントロールが苦手なことが多いので、
    トラブルを防いだり、かんしゃくなどにつながらないようにするための
    事前の工夫や配慮、対策などがとても重要になります。

    例えば、遊んでいる時に楽しいが余り次第に興奮しすぎて暴れだしてしまったり、
    自分では抑えきれずについ度を越したいたずらをしてしまったりすることがあります。
    一旦そこまでの興奮状態になると、そこから調整するのはとても難しく、
    興奮している子ども自身にとってもつらいことが多いので、
    遊びの内容を早めに調節したり、興奮し始めたと思った時の
    クールダウンの方法を見つけておくなどの対策が必要です。

    教室でも、子ども達のストレスや負担を減らし、落ち着いて生活ができるように
    個々に合った支援を大切にしていきたいと思います。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「反復横跳びでフープ渡り」をご紹介します。

    複数のフープをくっつけて並べコースを作ります。
    そのフープ中を反復横跳びの動きで渡っていきます。
    反復横跳びをしながらフープをまたいで進んでいくのは難しい動きなので、
    慌てると1つのフープの中に両足を入れてしまったり、
    リズム良く進めずにバタバタ足になったり、歩いてしまうこともあります。

    慣れるまでは短めの距離設定で行ない、指導者が子どもの前に向かい合うように
    立って一緒に進んだり、タイミングよく声をかけながら行なっていきます。
    慣れてきたら距離を長くしたり、友達とペアになって、向かい合って
    手をつなぎながら一緒に進んでみることにも挑戦していきます。

    この遊びでは、主にリズム感や記憶の操作力、空間認知力などの発達につながり、
    下半身の筋力アップや持久力向上も期待できます。
    繰り返し遊べるように子どもの興味に寄り添いながらアレンジをしていき、
    興味を持って楽しく遊びながら、生活面や学習面、対人関係などで必要な
    様々な能力を身に付けていけるようにしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    『いちょう祭り』の準備

    2017-11-16

    『いちょう祭り』の準備 第2弾

    自分たちの作ったものが商品になるということに、

    子ども達は  ワクワク♪ ドキドキ♪

    教室では接客の練習している子もいて、楽しみにしてくれているのがわかります!

    『いちょう祭り』まで あと 2日!!

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    当番や係の仕事をやり遂げるのが難しい場合は個々に応じた工夫が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-16

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    小学校、保育園や幼稚園でも当番の仕事や係分担があります。
    この当番や係の仕事を忘れずにやったり、最後までやるということが
    発達障害の子ども達にとっては難しい場合があります。

    「いつ」「どこで」「何をするか」などが具体的にわかって、
    忘れないようにできる工夫が有効です。
    例えば当番の時は当番活動の内容を書いたカードを持たせたり、
    少し工夫をしてあげることで自分の仕事をやり遂げることができ、
    本人も達成感や自信を得られるので継続していくことができます。

    ちょっとした工夫や配慮が子ども達のやる気や自信、次への意欲に
    つながっていくので、いつも子どもの気持ちを考えながら
    接していくことが大切ですね。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「シルエットグーパー」をご紹介します。

    果物や野菜、動物の足跡などのシルエットカードを使って〇×ゲームをします。
    問題を聞き、答えが〇だと思ったら両手を伸ばして上に広げ、
    両足を開いて「パー」の姿勢になります。
    ×だと思ったら両腕を曲げて胸に付け、足を閉じる「グー」
    の姿勢になります。

    シルエットの絵は、今子ども達が興味を持っているものや
    季節、イベントに関連するものなどで興味を惹きやすくしたりします。
    また、簡単すぎるとおもしろくないので、慣れてきたら難易度を上げて、
    人がラーメンを食べているところや掃除機をかけているところなど、
    人が何かの動作をしているシルエットにも挑戦します。
    そうすると、シルエットを見てその人の動作、気持ちを考えることになり、
    日常生活の中でも相手の気持ちを察する力が養われます。

    いろいろな種類のシルエットカードを作って楽しく遊びながら、
    イメージ力や判断力、コミュニケーション能力、
    相手の気持ちを推察する力を育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    自分の感情や思いを伝えるのが難しいことがパニックの原因になることもあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-11-14

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害特性を持つ子ども達の多くは、自分が不快に感じていることや
    やりたくないこと、こうして欲しいという欲求など、
    自分のことや感情を人に伝えるのが難しいことがあります。

    そのため、本人が嫌がっていたり我慢をしていたり、
    どうして良いかわからず困っているような時には
    周囲の人の適切な対応が必要です。
    そして、少しずつ人に伝えるということができるように
    療育がとても大切になります。

    適切に対処をしなければ不満やストレスが溜まり、ちょっとしたきっかけで
    パニックやかんしゃくにつながってしまうこともあるので、
    子どもをよく観察し、無理せず少しずつ力をつけていくことが大切です。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
    「反復横跳びでフープ渡り」をご紹介します。

    複数のフープをくっつけて並べ、その中を反復横跳びをしながら
    渡っていきます。
    反復横跳びの動きをしながらフープをまたいで進んでいくのは
    難易度が高いことなので、1つのフープの中に両足を入れてしまったり、
    リズム良く進めずに歩いてしまったりすることがあります。
    また、記憶の操作力が弱い子は最初の何個かはうまくできても、
    途中からリズムが乱れてバタバタ足になってしまいます。

    短めの距離設定で行ない、指導者が子どもの前に向かい合うように立って
    一緒に進んだり、タイミングよく「またいで」と声をかけながら行なっていきます。
    慣れてきたら友達とペアになって、向かい合って手をつなぎながら
    2人で一緒に進んでみたりもします。

    この遊びで、リズム感や記憶の操作力、空間認知力などを養うことができ、
    下半身の筋力アップにもつながります。
    繰り返し遊べるように、いろいろな工夫をしながら取り入れていき、
    子ども達の基礎筋力や体力、脳の発達も促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    告知!

    2017-11-13

    いよいよ、11月18日は『いちょう祭り』です!!

    今年は、チャイルドブレイン東浅川教室の前で、子ども達が手作りした

    ☆Christmasnoのリース&オーナメント☆

    を販売します。

    子ども達が一生懸命、一つ一つ作りました。

    11時から14時までの3時間、子ども達がお待ちしていますので、ぜひお越しくださ~い \(^o^)/

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries
    Copyright© 2014 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.