予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

3月, 2018年

多摩動物公園

2018-03-29

春休みのイベントとして多摩動物公園へ行きました!!

動物園の入り口に立つと、どんな動物に会えるか。。。

みんなわくわく!!!

コアラやユキヒョウなどの珍しい動物や、オオカミ・ワシなどのかっこいい動物に興味津々。

多摩動物園は坂道が多く、小さなお友だちが歩いてくれるか心配をしていましたが、足が止まってしまった時は、お兄さん・お姉さんが手を引いてくれました。

お天気も良くたくさん歩き体力は消耗しましたが、皆で楽しく、元気に動物を観察できました!!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達は対人関係で悩むことも多いのでしっかりサポートしていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-03-29

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASD(自閉症スペクトラム)やADHD、LD(学習障害)などの
    発達障害の特性を持つ子ども達は、その原因や背景となっているものに
    違いはありますが、多くの場合人とのコミュニケーションや
    対人関係面で困り事を感じています。

    対人関係の悩みは年齢が上がるごとに増してくるので、
    なるべく早い段階から、その子に合わせた方法でできる範囲で
    できるやり方から練習を始めていくことと、
    遊びの一環として行なうことを大事にしながら、
    少しずつスキルアップしていけるようにサポートをしていきます。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムの中から「線上鬼ごっこ」をご紹介します。

    縄を使ってくねくねした円のコースを作り、その線の上だけを
    移動する鬼ごっこです。
    2本の縄を使って幅のあるコースにしても良いです。
    一本道ではすぐにつかまってしまってつまらないので、
    分かれ道を作ったり、休憩ポイントを作ることで工夫していきます。

    この鬼ごっこは、通常の鬼ごっこと違って逃げる場所が
    限られているので、鬼と自分の位置関係を素早く判断して
    逃げる道筋を決めて動く必要があります。
    それによって判断力、素早い身のこなし、つま先の踏ん張り力など
    多くの力が養われることになります。

    コースやルールは様々なアレンジをしていくことが可能ですが、
    複雑すぎたりしないように難易度は少しずつ上げていき、
    ルールを守ることで社会性の発達も促していきます。

    アレンジをする時は、コミュニケーション力を育てるチャンスなので、
    できる範囲で子ども達の意見を聞きながら行ない、
    自主性なども養っていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    手作りおやつ

    2018-03-26

    子ども達が、早く下校したのでおにぎりづくり!

    ふりかけを混ぜて、握りました!

    アツアツのご飯に大苦戦…

    スタッフに頼らずに、自分達で握ることが出来ました。

    自分で作ったおにぎりを、おいしそうに食べていました!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    自主活動

    2018-03-23

    子ども達が良く使う、カプラというおもちゃがあります。

    積み木の様なおもちゃで、色々な物が作れます!

    道と建物を作ったようです。

    階段も丁寧に作られています。

    高い建物の上に兵隊さんがいます!

    他にも、お城や塔などを作って遊んでいます!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    運動と学習の組み合わせが子ども達の集中力を高め療育の効果を上げます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-03-22

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    私達の教室では運動療育や学習サポートを行なっていますが、
    運動と学習は別々に考えるのではなく、うまく組み合わせることで
    子ども達の集中力が上がって効果が高まりやすくなります。

    具体的には「動く」→「静かな時間」→「学習」というセットが良いので、
    こどもプラスの教室では、運動あそび→読み聞かせ→フラッシュカード
    などのように組み合わせて行なっています。

    より効果的な方法で子ども達の能力を引き出しながら、
    個々の力をしっかりと伸ばしていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムの中から「ミニハードル走り」をご紹介します。

    子どもの膝くらいの高さのハードルを複数間隔を空けて設置し、
    順番に跳び越しながら走っていきます。

    スムーズに進んでいくためには、つま先で走ること、腕を振って
    走ること、ハードルの前で一旦止まらないこと、両足ジャンプではなく
    走りながら跳んでいくことなどがポイントになります。
    ただ、これらをいきなり完璧に行なうのは難しいので、
    その子に合わせて1つずつクリアしていけるようにします。

    ジャンプが大きすぎても小さすぎてもスムーズに進んでいくことが
    できないので、繰り返し行なっていく中で
    空間認知力やハードルの高さに合わせて
    体の動きをコントロールする力を身に付けていきます。

    また、慣れてきたら直線コースだけでなくカーブのあるコースに
    挑戦してみたり、他の動きと組み合わせてみたりしながら、
    それぞれが自分のペースで力をつけていけるように工夫しながら
    遊びを提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害特性は成長と共に変化するので臨機応変な対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-03-20

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ADHDの子ども達は、注意が散漫だったり、じっとしているのが難しく
    衝動的に行動する傾向があります。
    個々によってどの特徴が強く出ているかは変わりますし、
    年齢を重ねることで行動の傾向が変化していったり
    特徴が弱まることもあります。

    特に行動面での多動や衝動性は減っていくことが多いですが、
    本人の中では頭の中の考えが整理できなかったり、
    どんなに気を付けようと思っていても忘れてしまったり、
    思いつきで行動してしまう、感情のコントロールが苦手など
    様々な困り事を抱えていることが多くなります。

    こどもプラスの放課後等デイサービスの教室では、
    子ども達の今の困り事だけでなく、将来を見据えながら
    臨機応変に対応していくことを大事しています。

    今日は、教室で提供している運動療育プログラムの中から
    「平均台の上から魚釣り」をご紹介します。

    魚釣りに使う魚と釣竿は、事前に作っておきます。
    魚には磁石や洗濯ばさみなどを付けて、竿で釣れるようにしておき、
    平均台の周りにばらまきます。
    そして、1人ずつ平均台の上から釣竿を垂らして魚釣りをします。

    平均台からうまく魚釣りをするには、魚と釣竿との距離を測る
    空間認知力と腕から指先、釣竿までの連動が大事になります。
    また、平均台から落ちないようにバランスを保たなければいけないので、
    つま先の踏ん張り力やバランス力、そして集中力が強く養われます。

    最初は立ったままで行ないますが、慣れてきたらしゃがんだ姿勢で
    行ない、魚の位置も平均台から少しずつ離して難易度を
    上げながら挑戦していきます。
    また、ポイント制にしてみたり、友達と競争してみたりしながら
    いろいろな遊び方で楽しく遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ☆わくわくビレッジ☆

    2018-03-16

    花粉症の方には、つらい季節になってきました…

    そんな中、高尾にあるわくわくビレッジへ遊びに行きました。

    おおきな遊具で遊んだり、鬼ごっこをしたり、周りにある自然を楽しんだり、お散歩をしたり。。。

    それぞれ楽しみました。

     

     

    お散歩をしている子は、カエルの卵を見つけて大喜びしていました!

    卵がおたまじゃくしになるのがとっても楽しみです!!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    自己肯定感の低下は二次障害につながりやすいので早期の支援が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-03-15

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの
    発達障害特性を持つ子ども達には、程度の差こそありますが
    支援が必要です。
    学校などの集団生活の場での
    「自分だけみんなと同じようにできない」
    「がんばっているのにうまくいかない」という体験は
    子どもの自己肯定感をとても低下させます。

    この状態が長く続けば、それを元に戻すのはとても大変で、
    二次障害につながってしまうことも少なくありません。
    できるだけ早期に必要な支援を提供できるよう
    私達も働きかけていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「しりとり大縄跳び」を
    ご紹介します。

    大縄跳びを跳びながらしりとりをして遊びます。
    一定のリズムでジャンプをしながらしりとりをするので、
    どちらかに気がとられてジャンプのリズムが崩れたり
    なかなか答えが出ないことがあります。
    縄はゆっくり回し、答えが出なかったら一度縄をとめて、
    答えを言ったらまた再開するようにしたり
    ヒントを出したりしながらその子のペースで行います。

    少し難しいこともありますが、
    この遊びが上達すると思考の柔軟性につながります。
    また、しりとりは相手がどんな言葉を言うのか予測ができないので、
    その都度答えを考える前頭前野の力を育てていくこともできます。
    他にも記憶を引き出す力や集中力も強く養っていくことができるので、
    日常生活でも活かしていくことができるように、
    個々に合わせた遊び方で繰り返し取り入れていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    おやつを買いにイオンモールへ!

    2018-03-13

    皆さんは、駄菓子屋のお菓子と言えば何を思い浮かべますか?私は、蒲焼さん太郎が浮かびます。

    土曜日に、イオンモールにある駄菓子屋さんに行って来ました!

    子ども達はカラフルな駄菓子を前に、何を買おうか悩んでいました。

    昔に比べ、視覚的に楽しみがある商品が増えている気がします。

    1人100円分のお菓子をそれぞれ悩みながら選び

    近くの公園で少し遊んだあと教室に戻ってから

    皆で楽しく買ってきたお菓子を食べました!!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ひな祭り

    2018-03-09

    女の子が主役のひな祭り!

    ちらし寿司や雛あられを食べて、楽しく過ごせた方も多いと思います。

    チャイルドブレインでは、ひな人形を作りました!

    思い思いのお内裏様とお雛様を作ってくれました!
    かわいく作ることができました!

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries

    ▲page top