4月, 2018年

発達障害特性を持つ子が安心して生活できるように支援をしていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-04-24

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

小学校のクラスの中には、今も昔も
・いつも落ち着きがない
・忘れ物が極端に多い
・言葉や行動の乱暴さが目立つ
・先生に怒られてばかりいる
・友達の輪に入るのが苦手
といったような「気になる子」が大体1人から2人います。

発達障害の診断の有無に関わらず、こうした特性を持つ子ども達の多くは
実は支援を必要としている状態です。

最近では「発達障害」という言葉の認知は広がっていますが、
まだ多くの人に正しい理解がされているとはいえず、
こうした子ども達への支援も必ずしも行き届いているわけではありません。

子ども達が感じている生き辛さ、不安、ストレスが少しでも早く
軽減され、安心して生活できるよう私達も支援をしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で提供している
運動療育プログラムの中から「しゃがみカニ歩き」をご紹介します。

子どもは平均台の上に横向きに乗り、しゃがんでカニ歩きをします。
背すじを伸ばしてつま先立ちで、両手は顔の横でカニのように
チョキにして歩きます。

しゃがんで前向きに歩く場合は、膝とももを前後に動かせば良いので
そこまで難しくありませんが、横歩きでは足の稼動箇所が制限されます。
その状態で歩くことで、難易度が高い動きになります。
さらに平均台の上を歩かなければいけないので、
よりバランス力や足の踏ん張り力が必要になります。

通常バランスをとるためには腕を使いますが、
顔の横でチョキに固定しているので、バランスがとりにくくなります。
そのため、全身の筋力を調整してバランスをとる力が強く育ち、
体や感覚の成長を促すことができます。
この全身の筋力調整ができるようになると、普段先生の話を聞く時に
体を止めて聞くことができるようになってきます。

バランスがとりにくい場合は平地で練習をしたり、
手をチョキにしなくても良いので指導者と手をつなぎながら行ない、
少しずつステップアップを目指して遊んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達の多くは自分の困り事を伝えることを苦手としています。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-04-19

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)など
    発達障害を持つ子ども達の多くは、日常生活や学習面などで
    様々な困り事を抱えていながらも、それを具体的に言葉にして
    人に伝えるということが苦手な傾向にあります。

    「これができない」「これがわからない」というのは、
    できない、わからない理由が自分でわかっているから出る言葉です。
    そのため、特に小さいうちは周囲の人達がよく観察し、
    その子の苦手なことやその原因、そしてそれに対する一番適切な
    対処法や予防策を見つけてあげることが大切です。

    子ども達が安心して毎日の生活を送れるように、
    私達も支援・サポートをしていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「電車一列歩き」をご紹介します。

    子ども達は指導者を先頭に一列に並び、前に人について歩いていきます。
    前に人にぶつかったり追い越したりしないように、気をつけます。
    1人1人が電車になりきって、「ガタンゴトン」と言いながら
    腕を体の横で車輪のように回して歩くようにします。

    この遊びでは、腕を車輪に見立てて動かすことで模倣力や
    イメージ力を養ったり、先頭の人のガタンゴトンのペースに合わせながら
    進むことで、脳のミラーニューロンも刺激していきます。
    また、列から外れないように前の人と一定の距離を保ちながら
    歩くことで集中力や抑制力、社会性を養います。

    最初から長い距離を行なうのは難しいので、子ども達の様子を
    見ながら、興味を持って取り組めるように工夫して行います。
    慣れてきたらまっすぐ歩くだけではなく8の字に歩いたり、
    障害物を避けながら歩いたり、いろいろなやり方で
    上記の力をより強く育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達では環境や支援で成長度合いに大きな違いが出ます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-04-11

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    子ども達は、この4月から通常学級・通級・特別支援学級・
    特別支援学校などそれぞれの進学先に通っていますが、
    発達障害を持つ子ども達では特に、周囲の環境や支援の方法などで
    その子の成長度合いに大きな違いが出てきます。
    いつも子どもの様子をよく観察しながら、最適な環境作りをしてあげたいですね。

    私達も放課後等デイサービスでの療育活動を通して、
    子ども達の将来につながる支援をしていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムの
    「綱渡りしながら積み木拾い」をご紹介します。

    1本の縄を床に置き、その周りに積み木をばらまいておきます。
    子どもは1人ずつ、縄の上を綱渡りのように渡りながら、
    指導者に指示された積み木を拾って最後まで縄を渡ります。
    縄の長さは短めから始め、少しずつ長い距離に挑戦していきます。

    拾う積み木の指示は、色の指定、数の指定、形の指定、
    順番の指定などいろいろな方法で行ない、
    段階を追って組み合わせながら難易度を上げていきます。

    速さを競うものではなく、縄から落ちないように行なうことが大事です。
    積み木を拾う時も、バランスをとりながらゆっくりしゃがんで
    取るように伝えます。
    ただ、バランスをとることばかりに気をとられてしまうと
    積み木の指示を忘れてしまいやすいので、
    簡単な指示から始めて少しずつ難易度を上げていくようにします。

    積み木拾いだけでなく、他にもいろいろなアレンジで
    遊ぶことができるので、育てたい力に合わせて
    いろいろな遊び方で提供していくようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    合同運動会!!

    2018-04-04

    4月2日に他のお教室のお友達と一緒に合同運動会を開催しました!!

    元気よくからだを動かすことが出来たかな?!

    それぞれの競技、とても一生懸命に取り組む子ども達。

    真剣な顔も笑顔も、そしてちょっと悔しい顔も。。。

    みんなの表情がとてもきらきら輝いてました。

     

    頑張ったご褒美は名前入りの表彰状でした!

    ひとりひとり名前を呼ばれてちょっとドキドキだけどとても嬉しそうでした。

    「どこに飾ろうかな~♪」なんていう声が聞こえました!!

     

    他の教室のお友達と一緒に楽しく行うことが出来た運動会、また頑張ろうね\(^o^)/

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    スペシャルおやつ♪

    2018-04-04

    春休みに子ども達には何度か手作りおやつ体験をしてもらいました!!

    その中のひとつ。。。

    「イチゴクリームサンド」響きだけで美味しそうです…

    イチゴジャムに生クリーム、本物のイチゴ!

    子ども達の目がキラキラしていてかわいかったです。

    美味しく食べることが出来ました。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02
    Copyright© 2014 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.