予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

10月, 2018年

多動傾向のある子には活動に集中できる工夫で失敗経験を減らすことが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-10-15

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害特性のある子ども達の中でも、多動傾向がある子ども達は
学校の授業や1つの活動に集中して取り組むことが困難です。
例え周囲からの刺激をできる限り減らして、
その子の能力や興味に合った課題を提供するなどの
調整を行なったとしても、どうしてもどこかで集中力が切れて
動き回ってしまったり、おしゃべりを始めてしまうことがあります。

課題をその子の集中できる時間に合わせたり、様子を見て
内容を変化させる、先生のお手伝いをお願いするなど
メリハリのある活動にしていくことも有効なので、
「またできなかった」と自信をなくしてしまわないように、
1人1人に合った方法で支援・サポートを行なっていくことが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「色別ウシガエル」を
ご紹介します。

床に2本の線を引き、線の中には赤いテープで印をつけ、
線の外側には青いテープで印をつけます。
そして、手は赤につく、足は青につくというルールで
手→足→手→足の順番につきながら前に進んでいきます。

色を見て手や足をつく位置を覚える記憶力と、
次の色を探して判断するという動作を素早く行なうことで、
考えながら動く力が養われます。

赤と青の位置ランダムにしたり、
印の間隔を広くしたり狭くして難易度を上げたり、
コースを直線コースだけでなく、ジグザグコースや円のコースに
してみるなどのアレンジで、より考えながら体を動かす力や
体を器用にコントロールする力などを育てていくことができるので、
楽しく遊べる工夫も大事にしながら取り入れていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達の身辺自立のためのサポートも丁寧に行います。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-10-05

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害のある子ども達は、食事、排泄、着替えなど身辺自立の
    面でも個々に合わせて支援を行なっていく必要があります。

    例えば、衣服の調整が臨機応変にできなかったり、
    1人で着替えができない。
    座って食事をするのが難しかったり、
    食事の量が多くても食べきらなければいけないと
    思い込んでいて無理をしてしまう。
    排泄後の処理がうまくできなかったり、
    自宅以外のトイレが使えないなど様々な困り事があります。
    中には健康面に影響してしまうこともあるので、
    1人1人に合った方法で少しずつ身に付けていけるような
    支援・サポートが必要です。

    子ども達の日常生活での困り事が減って生活がスムーズになり、
    将来の自立につなげていけるように
    私達も働きかけていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「回転大縄跳び」を
    ご紹介します。

    1人ずつ大縄跳びを跳びますが、その場でゆっくり回転しながら
    10回くらい連続で跳んでみます。
    ポイントは、同じ場所で跳ぶことと、
    腕を振って一定のリズムで跳ぶことです。
    また、回転しながら跳ぶには上半身をひねりながら
    跳ぶこともポイントになります。

    最初から一気に回転しようとすると難しいので、
    少しずつ小刻みに回りながら跳ぶようにします。
    慣れてきたら1回で90度や180度ずつ回転できるように
    少しずつレベルアップを目指して遊んでいきます。

    他にも、着地位置に四角いマスをテープなどで作っておき、
    その中からでないように連続で回転ジャンプをする。
    指導者が手を叩いた数だけ回転ジャンプをする。
    なぞなぞに答えながら回転ジャンプをする。
    などいろいろなアレンジ遊びがあります。

    1人1人の得意なことや好きなこと、育てたい力などに
    合わせて提供し、無理なく楽しみながら力を育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    運動療育で成功体験を重ね、子ども達の自信につなげていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-10-03

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害やその特性を持つグレーゾーンの子ども達は、
    適切な支援やサポートがない環境では失敗経験を重ねやすく、
    そこから自信をなくしてしまいがちです。

    自分に自信を持って成長していくためには
    やはり成功体験が大切ですよね。
    家庭や学校での働きかけ、工夫も大事ですが
    放課後等デイサービスの教室でも子ども達が自信をつけ、
    自己肯定感を高めながら成長していくことができるように
    促していきます。

    こどもプラスの教室では運動あそびによる運動療育を
    主軸としていますが、運動は「できた」・「できない」が
    わかりやすいので、成功体験によって満足感や達成感を
    多く感じることができます。
    また、スモールステップで進めていくので、
    1つの運動を習得するまでにとても多くの「できた」経験を
    積むことができ、自信につながります。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムの中から
    「リズミカルグーパー」をご紹介します。

    まず、「グー」「パー」の姿勢を確認しておきます。
    グーは、両手を曲げて胸につけ両足を閉じた姿勢。
    パーは、両手両足を伸ばして大きく広げた姿勢です。

    このグーパーの動きを、音楽や歌に合わせてリズムよく行います。
    最初はゆっくりめのリズムで「グー、パー、グー、パー」と
    交互に動かし、慣れてきたら「パー、パー、グー、グー」や
    「グーを2回、パーを3回」とランダムにしたり、
    スピードを上げて挑戦してみたりします。

    ある程度スムーズにできるようになったら、
    「パー」の時は「グー」のように、言ったことと逆の動きを
    してみると前頭前野が鍛えられるので、
    子ども達に合わせて提供していきたいと思います。

    また、どうしてもうまくできない子は、手だけや足だけの
    動きで少しずつ練習していきます。
    最初から難しくしすぎないように、トレーニングのように
    ならないようにしながら、まずは楽しくリズム遊びをして
    リズム感を育んでいきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害と発達性協調運動障害を併発しているケースも少なくありません。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-10-01

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の特性を持つ子ども達では、
    ・靴ひもが結べない
    ・はさみや定規がうまく使えない
    ・塗り絵が苦手
    ・スプーンや箸がうまく使えない
    ・飲み物をコップにうまく注げない
    ・キャッチボールができない
    ・公園の遊具でうまく遊べない
    ・階段の昇り降りが苦手
    など、体の使い方がとても不器用な場合があります。

    発達障害では自分の体のボディイメージがつかみにくいことが
    よくありますが、中には発達性協調運動障害を併発している
    ケースもあります。
    決して本人の努力不足や練習不足ではなく、
    上達しないわけでもありません。
    その子に合った方法で行なうことで、少しずつでも確実に
    上達を目指していくことができるので、
    1人1人に合わせた療育支援でサポートしていくことが大切です。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「まねっこ走り」を
    ご紹介します。

    子ども達は一列に並び、前の人の動きをマネしながら走ります。
    常に一定の距離を保って走りながら、前の人の動作を見て
    自分の体を同じように動かすには
    強い模倣力と協応力、集中力が必要になります。

    そのため、走りながら行なう動きは最初から難しくせず、
    手を上げる→手を横に広げる→手を上にあげて拍手をする
    →途中で1回ジャンプをする
    というように、少しずつ複雑にしていきます。

    また、通常走る時には腕を体の横で振ることで
    体の軸を保ちバランスをとっていますが、
    その腕を動かすことで、バランスを取るための体幹である
    腹筋や背筋の筋力が強く必要になり養われます。

    慣れてきたら、スキップ、後ろ歩き、片足ケンケン、
    クマやカンガルーの動物の動きなど、
    子ども達の様子に合わせて少しずつ複雑な動きにも
    挑戦してみます。

    体を動かす時は、動きの切り替えを速くすると
    素早い判断力や認識力が必要になり前頭前野を育てることに
    つながるので、動きにメリハリをつけながら行ない、
    また、無理のない楽しい運動あそびになるように
    工夫しながら提供していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top