10月, 2017年

Happy☆Halloween

2017-10-31

今日はハロウィンですね!!

チャイルドブレインでは飾り付けをして、お友達にはお菓子のプレゼント!!

合言葉の「トリックオアトリート♪♪♪」

大きな声で元気よく言えるお友達もいれば照れてなかなか言えないお友達も。。。

でもプレゼントを受け取ると皆にっこり笑顔をみせて喜んでくれました(*^。^*)

☆☆☆Happy Halloween☆☆☆


 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ASDでは嫌な記憶が長く鮮明に残り、それが問題行動につながることもあります。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-10-30

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASD(自閉症スペクトラム)の人達の記憶力は特徴的で、
    特に嫌な記憶はいつまでも消えないという特徴があります。
    さらにその嫌な記憶が急にフラッシュバックしてくるので、
    その度に不安になったりパニックになったりすることもあります。

    そしてそれが次の問題行動、不適応行動につながってしまうことも
    少なくないので、それを防ぐためには周囲の理解と配慮が欠かせません。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「高速カップタッチクマ」をご紹介します。

    赤、黄色、青など2~3色のカップを複数用意し、間を空けてジグザグに並べます。
    子ども達は四つんばいから膝とお尻を上げたクマ歩きで、
    指定された色のカップをタッチして進みます。
    「高速」なので、できるだけ速いスピードで進むようにします。

    急いで進みながらも指定された色を覚えていて、そのカップを
    正確にタッチすることが大事なポイントです。
    また、色の指示も最初は「赤いカップ」などの簡単な指示から
    「トマトの色とピーマンの色を交互に」、
    「赤を2つの後に黄色を3つ」、
    「赤→青→黄色の順番で繰り返し」など、1人1人に合わせて
    少しずつ複雑な指示にしていきます。

    こうした遊びの中で、子ども達の語彙力や語意力、判断力、イメージ力、
    記憶力などを養い、バランス力や身体コントロール力も身に付けて、
    生活力向上につなげていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害ではできないことよりも得意を伸ばしてあげることが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-10-27

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害を持つ子ども達は、その特性ゆえにできないことも
    たくさんありますが、得意なことや夢中になれるものが必ずあります。
    大事なことは、周囲に合わせようと苦手なことを無理して
    努力し続けることよりも、個性を尊重して得意を伸ばしていくことです。

    今は便利な道具もあるので、苦手なことは道具に頼ったり、
    周囲の人に助けてもらうことで解決していっても良いと思います。

    私達も一人一人の良いところを伸ばしながら、生活で必要な様々な
    スキルを身に付けていけるように丁寧な支援を心がけています。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
    「平均台障害物渡り」をご紹介します。

    平均台の上に、3つ~4つのカップを間を空けて置きます。
    子ども達は1人ずつ、この障害物に当たらないように
    つま先歩きで平均台の上を歩いて渡っていきます。

    障害物に当たらないように歩くことで、障害物の位置を正確に捉えて
    それに歩幅を合わせて足を動かすので、空間認知力が養われます。

    慣れてくると子ども達はスピードを競いたがりますが、
    効率的に力をつけるためには、適当に速く渡るよりもゆっくり慎重に
    障害物に当たらないように歩くことが大切です。
    また、落下のリスクも増すので、そんな時は渡っている子どもの頭の上を
    新聞紙で作った棒でスイングさせ、その棒に当たらないようにしゃがんで
    避けながら障害物渡りをしていくようにします。

    そうすることで、さらにバランス力の強化や、上手な身のこなしを
    身に付けていくことができます。
    これは日常生活での怪我を防ぐことにもつながる力なので、
    繰り返し楽しく遊び、しっかりと力を育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    アスレチック♪

    2017-10-26

    自主活動の時間…

    「今日はみんなでアスレチックを作って遊ぼう\(^o^)/」

    色々な用具を出し、やる気満々の子ども達!!

     

    みんなアイデアを出し合い、素晴らしいコースが完成しました♪

    協力しながら一つのものを作り上げ、みんなで遊ぶ姿に嬉しく思えた時間でした♪

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    「地域交流 キッズサッカー大会の協賛」

    2017-10-25

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルドブレインです。

     

    不安定な天候が続いておりますが、

    皆さま健やかにお過ごしでしょうか。

     

    追々、寒さに向かってまいりますのでくれぐれも

    ご自愛いただければと思います。

     

    さて、こどもプラスでは今年も地域交流の一環として

    11月9日(木)に昭島市昭和公園陸上競技場にて行われる

    「FSC 第9回キッズサッカー大会」の協賛をいたします。

     

    児童発達支援や放課後等デイサービスでは、

    特性のある子供たちが地域生活を行うための

    手助けをしていくことも重要な目的のひとつ

    とされています。

     

    サッカー大会のお手伝いを通じて子供たちの

    成長の手助けはもちろんのこと、親御さんや

    コーチの精神的なサポートを出来ればという

    気持ちで毎年参加させていただいています。

     

    当日はスタッフも手伝いに行く予定です。

     

    後日、その日の様子をお伝えしたいと思っております。

     

    是非、楽しみにしていてください。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ASDでは人と適切な距離をとるのが難しく、早期の対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-10-25

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    人にはそれぞれパーソナルスペースと呼ばれるものがあり、
    他人にその距離より近寄られると不快に感じます。
    ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達にはこの理解が難しく、
    友達に顔を近づけすぎて嫌がられてしまったり、
    急に触ったり抱きついたりしてしまうことがあります。

    子どものうちは、相手も笑って許してくれることが多いですが、
    ある程度の年齢になればそうもいきません。
    早いうちに対処していき、人との適切な距離感や接し方を少しずつ
    身に付けておくことが、今後のためにとても重要です。

    こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムでは、
    そうしたことも遊びながら身に付けていくことができます。
    今日は、その運動療育プログラムの中から「片足クマの通院」をご紹介します。

    まずは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢から、
    片方の足を後ろに上げて片足クマの姿勢になります。
    この片足クマの姿勢で、でこぼこした足場の悪い道を歩いていきます。
    でこぼこの道は、マットの下に積み木や丸めたタオルなどの
    障害物を入れて作ります。

    不安定な足場の上を、転ばないように片足クマの姿勢で歩くことで
    強いバランス力が育ち、毎回手をつく位置を考えながら体を動かすことが
    必要なので、先を読む力や体の動きをコントロールする力も身に付きます。

    速く進む必要はないので、転ばないように一歩一歩正確に
    進むことを大事にして行います。
    子ども達の様子や発達段階に合わせて、コースの長さを調節したり、
    障害物の数や大小などで難易度を変えていきながら遊びます。

    繰り返し遊ぶことが大切なので、子ども達が飽きないように
    工夫を凝らしながら、提供するようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ホットプレート☆☆☆

    2017-10-24

    最近のおやつタイムではホットプレートが大活躍!!!

    油を多めに入れチュロスをあげたり

    定番のホットケーキをやいたり。。。

    子ども達と一緒に作ることが出来、目の前で見れることもあり

    待っている間もドキドキワクワクの笑顔(*^。^*)

    美味しさも一層引き立つようです!!

    今後も楽しいおやつタイムを子ども達と過ごしたいです♪♪♪

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    コミュニケーションが苦手な子には「伝えたい気持ち」を育てる関わりが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-10-23

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    コミュニケーションの苦手な発達障害の子ども達には
    大人側から指示を与えることが多いので、つい一方的な
    コミュニケーションになってしまいがちです。

    子ども達が、相手に伝えたいという気持ちを持ち、
    自分にできるやり方で選択したり、要求したり、拒否したりできるように、
    少しずつ支援していくことが大切です。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「並びゲーム」をご紹介します。

    子ども達にいろいろな条件を出し、それに従って並んでもらうゲームです。
    例えば、カラー帽子などで色分けをしておき、
    「赤い帽子の人は〇〇の前に並びます。白い帽子の人は△△の前に並びましょう」
    と指示を出すので、子ども達は素早く移動して一列に並びます。

    他にも、壁に色画用紙、絵カード、写真を貼っておいたり、
    カラーコーンや人物などいろいろな物を使って条件やキーワードを
    指定していきます。

    最初から複雑な指示ではなく、「男の子と女の子」や「〇年生の人」など
    わかりやすい条件から始めて、少しずつ条件を増やしたり複雑にしていきます。
    他にも、並び方を1列や2列、友達と手をつないで、などと変えながら
    子ども達の語彙力や判断力、記憶力、気付く力を育てていきます。

    またこの遊びでは、発達障害の子ども達が苦手な「並ぶこと」の
    練習にもなります。
    前の人との距離を適切に保ったり、並んでその場を動かないことなども、
    遊びの中で少しずつしっかりと身に付けていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    運動療育で子ども達の総合的な発達を促していきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2017-10-20

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の子ども達の中には、体幹などの筋力が弱かったり、
    体の動かし方がよくわからなくて、日常生活に支障を来たして
    しまっている子ども達がいます。

    体幹の弱さは、食事や学習の時間でも姿勢を保って座っていることが
    困難で集中できなかったり、ストレスになっていることがあります。
    体の動かし方がわからないと、運動が苦手なだけでなく
    人や物によくぶつかったり、転びやすかったり、服の着替えや
    ハサミや箸の使い方など日常生活の様々なことに影響があります。

    こどもプラスの放課後等デイサービスでは、運動あそびによる
    運動療育を主軸としているので、遊びながら基礎筋力や体力をつけ、
    体の動かし方を覚えていくことができます。

    教室で提供している運動療育プログラムの中から
    「跳び箱の跳び下りタンバリン両手タッチ」をご紹介します。

    1段の跳び箱とタンバリンを2つ用意します。
    跳び箱の前に2つのタンバリンをかざし、子どもは跳び箱の上から
    ジャンプしたら、その2つのタンバリンをそれぞれの手で
    同時にタッチしてから着地をします。

    タンバリンの位置が跳び箱から遠かったり、
    2つのタンバリンが左右に離れていると難しくなるので、
    慣れるまでは跳び箱の近くで、左右のタンバリンを近めにして出します。
    少しずつ跳び箱から離したり、左右のタンバリンを離したり、
    跳び箱を2段にしたりしながらステップアップしていきます。

    この遊びでは、高所感覚やバランス感覚、全身のクッション性が養われ、
    跳びながらタンバリンにタッチする動きで、複数のことに同時に
    意識を向ける力を育てることができます。

    こうした運動あそびで、怪我をしない体作り、日常生活のスキルアップや
    運動の上達による自信をつけながら、子ども達の心と体と脳の発達を
    促していきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    連合運動会♪

    2017-10-19

    先週、今週と八王子市内の支援学級による連合運動会が開催されました。
    運動会の前日の運動あそびの時間にはリレーをして戦闘モード?!?!(笑)
    学校対抗となるので頑張るぞ!!とお互い意気込んでいました\(^o^)/
    でも当日は会場でチャイルドブレインのお友達に会えるのを
    とても楽しみにしているようで、ライバルでもあり仲間でもあり。。。
    子ども同士で連合運動会の会話で盛り上がっていました。

    運動会当日はスタッフで応援に行き、子ども達が一生懸命頑張っているキラキラした姿を観る事ができて感動しました(*^。^*)♡♡♡
    また来年も成長した姿がみれると嬉しいです!!

     

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries
    91
    Copyright© 2010 八王子市 放課後等デイサービス チャイルド ブレイン All Rights Reserved.