予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

Author Archive

発達障害特性を持つ子ども達に厳しいしつけは有効ではありません。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-12-07

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害特性を持つ子ども達は、時に他の大多数の人にとっての
常識からすると、びっくりするような言動をすることがあります。
そんな時つい厳しく叱ったり声を荒げたくなることも
あるかもしれません。

しかし、外から強制することで子どもの行動を
変えようとするのではなく、適切な方法を具体的に伝えながら
好ましい行動へ促していくことが大事です。
もちろん簡単にいかないこともありますが、
スムーズな社会参加に向けて、必要なスキルを
1つずつ身に付けていけるようなサポートが大切です。

私たちの教室でも、子どもの気持ちに寄り添いながら
良い方向へ導いていけるように療育支援を行なっていきます。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムから
「忍者ゲーム」をご紹介します。

指導者と子どもで向かい合って立ちます。
指導者は丸めた新聞紙など刀に見立てた小道具を持ち、
「頭」と言った時は子どもの頭の辺りを横方向に
スイングさせるので、子どもは刀に当たらないように
しゃがんで避けます。
次は「足」と言って刀で子どもの足元をスイングさせるので、
ジャンプして避けてもらいます。

これを繰り返し行なうので、1回避けた後も素早く体勢を整え
耳を澄ませて次の指示を聞く力が必要になります。
これにより、集中力や判断力、聞く力がしっかりと養われます。
慣れてきたら「頭」と「足」をランダムにしたり、
アレンジで難易度を上げたりしながら遊んでいきます。

指示をよく聞いて動くという場面は日常生活でも
多くあることですが、子ども達が苦手なことも多いスキルなので、
遊びの中で無理なく少しずつ力をつけながら
スムーズな生活につなげていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ストレスや不安の多い発達障害の子ども達には個々に合った丁寧な対応が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-12-04

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害を持つ子ども達は、私たちには想像しがたいほどの
    ストレスや不安を常に感じながら生活しています。
    そのため、他の子ども達には簡単にできることも
    とても大きな労力を必要とすることだったりするのです。

    例えば学校での生活は椅子に座っている時間が長いですが、
    姿勢を維持する力が未熟な為に長時間座っていることが
    とても苦痛だったり、鉛筆がうまく使えなくて文字を
    書くだけでひどく疲れてしまったり、
    感覚過敏があって教室がざわつくと教室から飛び出したくなったり、
    人によって様々な辛さがあります。

    こうした状態がパニックやかんしゃくなどの問題行動を
    起こしやすくしたり、持っている力を発揮しにくい状態に
    してしまうので、個々に合わせた対応が大切になります。

    こどもプラスの教室では、1人1人に合わせた療育活動で
    子ども達が生きやすくなり、持っている力を良い方向に
    伸ばしていけるようにサポートしていきます。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「スキップでだるまさんがころんだ」
    をご紹介します。

    「だるまさんがころんだ」をスキップで行います。
    指導者が鬼になり、子ども達は鬼の「だるまさんがころんだ」
    の声に合わせてスキップで進み、
    声が止まったら素早く体を静止させます。
    スキップの大きな動きから静止するには少し時間がかかるので、
    鬼の声に合わせて止まれるように体の動きを計算し、
    調整することが必要になります。

    これによって体のコントロール力や地面と足との距離感を
    把握する空間認知力、相手(鬼)の声を聞いて
    動きを合わせる社会性も強く養われます。
    また、速く走って進みたくても、我慢して
    スキップを維持することで抑制力や集中力も育ちます。

    子ども達の日々の様子にも合わせながら楽しく行ない、
    効果的な療育活動にしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    子どもへの適切な対応が好ましい行動を増やしていきます。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-11-29

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    子ども達の行動では、好ましいものと好ましくないと思うものが
    日々の中でたくさんあると思います。
    子ども達の行動に対して適切な対応をすることで
    好ましい行動が増え、好ましくない行動を減らしていくことが
    可能になります。
    好ましい行動を増やすためには、まずはその行動がしやすい
    環境、状態を整えてあげることが大切です。

    例えば、片付けの場面ではどこに何を入れるのかが
    わかりやすいように棚や箱に工夫をしたり、
    子どもが片付けられる程度の量だけを出すようにしたりします。
    また、子どもが自分から片付けようとした時には
    すかさず褒めたり、全て完璧にできなくても行動自体を褒める、
    最後の1つは子どもにやらせて達成感を感じてもらう、
    子どもが頑張っている時は手を出さず見守るなどです。

    反対に好ましくない行動をした時には毅然とした態度で接し、
    子どもの自分をコントロールする力を育てられるような
    関わりをしていくことが大切です。

    1人1人の持っている症状や特性は十人十色なので、
    対応も子どもの数だけありますが、
    いつも子ども達の気持ちに寄り添いながら良い方向に
    導き育てていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「跳び箱からジャンプ」を
    ご紹介します。

    跳び箱の上からジャンプして跳び下りる遊びです。
    まずは跳び箱1段の高さから行います。
    子どもが跳び箱の上に乗ったら、少し前にタンバリンを
    かざします。
    子どもは、ジャンプしたらそのタンバリンを片手で
    タッチしてから着地をします。
    着地ではフラフラせずピタッと止まれるようにします。

    慣れてきたら跳び箱を2段にしたり、
    タンバリンをかざす位置を高くしたり遠くに離したりして
    レベルアップを目指して遊びます。
    また、着地位置を少し跳び箱から離した位置にしたり、
    着地ポイントを色のテープで指定したり、
    個々の課題にもあわせながら遊んでいきます。

    療育活動では、いつも子ども達が楽しみながら取り組めること、
    興味を持てることを大事にしながら、
    効果的な活動で1人1人の力を伸ばしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    子ども達の生き辛さをなくし安心して力を伸ばせる療育支援を行います。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-11-21

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害は目に見えない障害で、それぞれの抱えている
    困り事や生き辛さも十人十色です。
    そのため症状や特性、周りの環境によっては本人や周囲が
    障害に気付きにくいことも多々あります。
    そして、彼らの感じている不安やストレス、
    その生き辛さは他の人にはなかなかわかりません。

    しかし、発達障害の子ども達には周囲の人の理解と
    適切な関わりが何よりも大切です。
    まずは毎日の生活が暮らしやすくなるように
    不安を取り除き、子どもの気持ちに寄り添いながら
    持っている力、良い部分を伸ばしていけるように
    療育支援を行なっていきたいと思います。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムから「高速カンガルーカップタッチ」を
    ご紹介します。

    赤・黄・緑などの複数の色のカップを用意し、
    床に間隔を空けて設置します。

    子どもは両足を閉じてジャンプするカンガルーさんになり、
    カップをしゃがんで手でタッチしながら進んで行きます。
    タッチする時には、カップの色を声に出して言い、
    「高速」なので速いスピードを意識して行います。

    足を閉じたジャンプ、カップにタッチする、カップの色を言う、
    速く進む、など一度にたくさんのことを意識して行なうのは
    難しいので、少しずつポイントを絞りながら
    それぞれのペースでステップアップしていけるようにします。

    ある程度スムーズにできるようになったら
    カップの間隔を広くしたり狭くしたりランダムにする、
    タッチする色やタッチしてはいけない色を指定する、
    友達と競争してみる、
    などのアレンジにも挑戦してみながら
    楽しく力を伸ばしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害特性は学習面での困難につながりやすく個々への支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-11-15

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの
    発達障害を持つ子ども達では、知的な遅れがなくても、
    その特性によって学習面での困難が起こりやすくなります。

    もし特別支援学級や通級を利用していても、
    その子の特性に合わせた学習方法や学習内容、環境設定でなければ
    スムーズに学力をつけていくことが難しく、
    学年が上がるにつれて本人もそれがわかってくるので、
    学校がとても苦痛な場所になってしまうこともあります。

    こどもプラスの教室では学習サポートにも力を入れています。
    学習に向かうために必要な基礎的な力をつけながら、
    集中できる状態にするために運動もうまく組み合わせています。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから
    「動物荷物運び」をご紹介します。

    まずは四つんばいの犬の姿勢になり、背中の上に荷物を乗せて
    落とさないように慎重に運びます。
    犬歩きで荷物運びができたら、次はそこから膝とお尻を上げた
    クマ歩き、さらに片足を上げた片足クマ歩きと
    少しずつ難易度を上げて挑戦していきます。

    背中に乗せる物は、積み木やカップなど安定する物にします。
    自分の背中は見えませんが、背中に乗っている物を感じながら
    落とさないように慎重に運ぶことで、
    集中力、バランス力や身体コントロール力、空間認知力や
    身体周辺感覚などが養われる遊びです。

    この遊びは運動が苦手な子でも楽しくできるので、
    達成感や成功体験によって自信をつけながら、
    他の活動への意欲にもつなげていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    療育が訓練ではなく楽しい学びの時間になるように工夫が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-11-12

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害を持つ子ども達も、いずれは社会に出て自立した生活を
    していくことが求められます。
    そのため、子どもにあれもできるようになってほしい、
    これもできるようになってほしいという思いが強くなりがちです。

    もちろん将来的には自分で身の回りのこと、仕事のこと、
    人間関係などうまく管理しながら生活していくことが必要ですが、
    まず大事なことは、療育によって子ども本人が
    今の生活が暮らしやすくなることです。

    療育が訓練の時間になってしまわないように、
    楽しく自らすすんで取り組めることを大事にしながら
    その中で少しずつスキルを伸ばしていけるように
    支援・サポートをしていきたいと思います。

    今日はこどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから
    「クマの反転ジャンプ」をご紹介します。

    四つんばいから膝とお尻を上げたクマさんの姿勢で、
    手はついたまま足だけで左右にいったりきたりジャンプをする遊びです。
    両手でしっかり体を支えたら、片足で地面を蹴って
    横方向のジャンプを繰り返します。

    手を床に固定したままで足だけをジャンプさせるのは意外と
    難しいので、まずは左右へのジャンプをゆっくり楽しく行ないます。
    慣れてきたら、側転につながるイメージで180度の反転ジャンプを
    目指して大きく横方向へジャンプしてみたりします。

    1人1人の筋力や運動能力に合わせて工夫したり
    補助を行いながら、それぞれのペースでステップアップを目指します。
    そして基礎的な力をつけて怪我の予防につなげたり、
    日常生活での動作の向上にもつなげていきます。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    問題行動は未然に防ぎながら、無くしていけるようにサポートします。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-11-07

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害の中でも、ADHDの特性を持つ子ども達では
    友達に手が出やすかったり、暴言が多くなってしまうという
    ことがよくあります。
    また、ASD(自閉症スペクトラム)でも年齢が低いうちは
    こうした特性があることが多く、トラブルが多くなりがちです。

    しかし、大事なのは子ども達が問題行動を起こしてから
    対応をするのではなく、事前の対応でトラブルを防ぐことです。
    問題行動を起こしてしまうということは、
    その度に子ども達が失敗経験をすることになるからです。
    まずは問題行動が起きないように環境調整や配慮をし、
    少しずつ理解を促したりルールを守れるように
    1人1人に合った方法で改善につなげていきます。

    このような、集団生活を送る上で必要なスキルを身につけることは
    子ども達のスムーズな生活につながるので、
    1人1人に合わせて丁寧にサポートをしていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから
    「前後カンガルー」をご紹介します。

    ゴム紐を椅子にくくりつけて、高さのある障害物を設置します。
    このゴム紐の前に立ち、紐に足が当たらないように
    両足を揃えて跳び越します。
    次はそのまま後ろ向きにジャンプをして跳び越します。

    ポイントは、障害物に当たらないこと、両足を揃えて跳ぶこと、
    腕を振って一定のリズムで跳ぶことです。
    スムーズに前後に跳び越せるようになったら、
    指導者の「前」「後ろ」の指示に合わせて行なってみます。

    前後のジャンプを繰り返すことで、足の指先の踏ん張り力や
    腹筋背筋が養われ、空間認知力や判断力なども向上します。
    後ろに跳ぶ時に紐に引っ掛かったりバランスを崩しやすいので、
    安全な環境設定で行ない、苦手な子には指導者が手をつなぐなど
    補助をしながら行います。

    慣れてきたら、足音がしない静かなジャンプを目指したり、
    「前・前・後ろ」と前後をランダムにしたり、
    最初に「前・後ろ・後ろ・前」と言って指示を記憶してから
    動くようにしてみたり、個々に合わせてステップアップを目指します。

    こうしたアレンジでは、考えながら動く力を育てることができます。
    この力が育つと感情をコントロールする力も向上してくるので、
    日常生活でも変化が見られます。

    楽しく取り組める療育活動の中で様々な力を身に付けて
    個々の困り事の改善につなげたり、
    能力アップや学力アップにつなげていけるように
    1人1人に合わせた活動でサポートしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達には早期の対応で合併症を予防することが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-10-31

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害は先天的なものなので、うまく付き合っていくことが大事です。
    対応次第で能力を引き出して良い方向に開花していくことができたり、
    二次的に合併症を引き起こして悪循環になってしまうこともあります。

    今、大人の発達障害の人達ではうつ病や不安障害など合併症が
    ある人の方が多いと言われています。
    幼い頃から生き辛さを抱えている子ども達が少しでも早く
    生きやすくなり、自分らしく成長していけるように
    私たちも支援・サポートを続けていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「合図ダッシュ」をご紹介します。

    子ども達はスタートラインに並び、かけっこのスタート姿勢をとります。
    そして、スタートの合図があったらゴールに向かってダッシュをし、
    ゴールラインの上でピタッと止まります。
    通常のかけっこのようにゴールラインを走り抜けるのではなく、
    ピタッと止まるのがポイントです。

    慣れてきたらスタートの合図を変えたり、
    スタート姿勢を体育座りやうつ伏せで寝転んだ状態から
    始めてみたりします。
    そうすると、さらに合図をしっかり聞こうと集中力が育ち、
    素早く体を起こす瞬発力や機敏性、柔軟性も高めることができます。
    子どもによって得手不得手があるので、
    1人1人に合った方法を考えて行なっています。

    合図があるまで動かずに待つことは、運動の場面では多くあります。
    発達障害特性を持つ子ども達の多くは待つことが苦手ですが、
    遊びの中で経験することによって身に付けやすくなるので、
    こうした運動あそびを通して、待つことに必要な力も
    少しずつ身に付けていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    多動傾向のある子には活動に集中できる工夫で失敗経験を減らすことが大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-10-15

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害特性のある子ども達の中でも、多動傾向がある子ども達は
    学校の授業や1つの活動に集中して取り組むことが困難です。
    例え周囲からの刺激をできる限り減らして、
    その子の能力や興味に合った課題を提供するなどの
    調整を行なったとしても、どうしてもどこかで集中力が切れて
    動き回ってしまったり、おしゃべりを始めてしまうことがあります。

    課題をその子の集中できる時間に合わせたり、様子を見て
    内容を変化させる、先生のお手伝いをお願いするなど
    メリハリのある活動にしていくことも有効なので、
    「またできなかった」と自信をなくしてしまわないように、
    1人1人に合った方法で支援・サポートを行なっていくことが大切です。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
    運動療育プログラムの中から「色別ウシガエル」を
    ご紹介します。

    床に2本の線を引き、線の中には赤いテープで印をつけ、
    線の外側には青いテープで印をつけます。
    そして、手は赤につく、足は青につくというルールで
    手→足→手→足の順番につきながら前に進んでいきます。

    色を見て手や足をつく位置を覚える記憶力と、
    次の色を探して判断するという動作を素早く行なうことで、
    考えながら動く力が養われます。

    赤と青の位置ランダムにしたり、
    印の間隔を広くしたり狭くして難易度を上げたり、
    コースを直線コースだけでなく、ジグザグコースや円のコースに
    してみるなどのアレンジで、より考えながら体を動かす力や
    体を器用にコントロールする力などを育てていくことができるので、
    楽しく遊べる工夫も大事にしながら取り入れていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    発達障害の子ども達の身辺自立のためのサポートも丁寧に行います。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

    2018-10-05

    脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

    発達障害のある子ども達は、食事、排泄、着替えなど身辺自立の
    面でも個々に合わせて支援を行なっていく必要があります。

    例えば、衣服の調整が臨機応変にできなかったり、
    1人で着替えができない。
    座って食事をするのが難しかったり、
    食事の量が多くても食べきらなければいけないと
    思い込んでいて無理をしてしまう。
    排泄後の処理がうまくできなかったり、
    自宅以外のトイレが使えないなど様々な困り事があります。
    中には健康面に影響してしまうこともあるので、
    1人1人に合った方法で少しずつ身に付けていけるような
    支援・サポートが必要です。

    子ども達の日常生活での困り事が減って生活がスムーズになり、
    将来の自立につなげていけるように
    私達も働きかけていきたいと思います。

    今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
    提供している運動療育プログラムから「回転大縄跳び」を
    ご紹介します。

    1人ずつ大縄跳びを跳びますが、その場でゆっくり回転しながら
    10回くらい連続で跳んでみます。
    ポイントは、同じ場所で跳ぶことと、
    腕を振って一定のリズムで跳ぶことです。
    また、回転しながら跳ぶには上半身をひねりながら
    跳ぶこともポイントになります。

    最初から一気に回転しようとすると難しいので、
    少しずつ小刻みに回りながら跳ぶようにします。
    慣れてきたら1回で90度や180度ずつ回転できるように
    少しずつレベルアップを目指して遊んでいきます。

    他にも、着地位置に四角いマスをテープなどで作っておき、
    その中からでないように連続で回転ジャンプをする。
    指導者が手を叩いた数だけ回転ジャンプをする。
    なぞなぞに答えながら回転ジャンプをする。
    などいろいろなアレンジ遊びがあります。

    1人1人の得意なことや好きなこと、育てたい力などに
    合わせて提供し、無理なく楽しみながら力を育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02 « Older Entries

    ▲page top