予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

Posts Tagged ‘ディスレクシア’

ディスレクシアでは個々の特性に合った学習指導が大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-05-10

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ディスレクシアは学習障害(LD)の一種で、
文字を読むことと書くことが苦手な為に、読み書き障害とも呼ばれています。

「文字を読む」という行為は、まず文字を目で追い、
その文字をまとまりにしてつなげて認識し、
頭の中で音に変換し、それを記憶している言葉と結びつけて理解する、
というとても複雑な作業です。
ディスレクシアでは、これらの処理をする脳の部位に
障害があるために、読み書きが苦手だといわれています。

定型発達の子どもとは、視覚的にも聴覚的にも捉え方が違うので、
同じ指導の仕方ではなく、個々への指導が必要になります。

こどもプラスの放課後等デイサービスでも、
1人1人の特性に合った学習指導を行ない、
子ども達をサポートしています。

教室では、運動療育にも力を入れています。
教室で提供している運動療育プログラムから
「クマさん歩き」のアレンジ遊びをご紹介します。
まず、ゴムボールを半分に切ったものを複数用意し、
それを床に並べてコースを作ります。

そして、その上を四つんばいから膝とお尻を上げて歩く
クマ歩きで渡っていきます。
足場がボコボコしていて不安定なので、
バランス力や身体コントロール力も養うことができ、
何より子ども達はドキドキハラハラを楽しむことができます。

コースを1列や2列にしてみたり、
ボールの色が複数あれば、乗っていい色や乗ってはいけない色を
指定したりしながら遊び、
遊びの中でたくさんの力を育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top