予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

Posts Tagged ‘ADD’

女の子のADHDは気付きにくいことがありますが、早期の支援が必要です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2017-04-24

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

ADHD(注意欠如/多動性障害)は、
先天性の脳機能障害とされています。
発達障害の1つですが、1つの脳のタイプともいえます。
ADHDと診断はされていなくても、その傾向がある人は
世の中に意外とたくさんいるといわれています。

特に女の子のADHDは症状が行動面に出ないことが多く、
気付かれないまま大人になるというケースもよくあります。
しかし、本人は子どもの頃から程度の差こそあれ
生きにくさを感じているので、支援が必要なのです。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、
発達障害の子ども達やそのご家族が生活しやすくなるように、
1人1人に寄り添った療育活動を提供しています。
教室で提供している運動療育プログラムの中から
「跳び箱跳び移りジャンプ」をご紹介します。

1段と2段の跳び箱や丸めたマットを複数用意し、
少し間を空けながら床に並べます。
子ども達はその上をジャンプして渡っていきます。

速く渡ることが目的ではないので、
1つ1つの跳び箱を確実にジャンプして渡っていき、
慣れてきたら跳び箱同士の間隔を少し広げて挑戦してみます。

高さが怖くて背中が丸まってしまったり、
足元ばかりを見てしまうとバランスを崩しやすくなるので、
背すじを伸ばして、目線を上げて行なうように促します。

この遊びでは主に高さ感覚、バランス力、空間認知能力、
足の指先の力などが育ちます。
苦手な子には隣に寄り添って手をつないだり、
低いマットだけで行なうようにしたりしながら、
無理なく力をつけていけるようにしています。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top