まねっこ歩きで模倣運動も。脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2016-01-08

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

 

模倣遊びをすることは、人の様子を見ることから始まります。

つまり、他者との関わりを増やすことにつながります。

発達障害では自分以外の他者に意識を向けることが難しいので、

まねをする模倣遊びを通してその意識を少しづつ高めていきます。

 

指導者(隊長)の後ろから子ども達に列になって並んでもらい、

一番先頭の隊長の動きをよく見て、まねっこしながら歩きます。

今までやってきたようなクマさん歩きやカンガルーさんなどの動きを

どんどん変えながら歩いていきます。

慣れてきたら、隊長役を子どもにやってもらうこともあります。

 

模倣運動で、認知力や社会性も育てていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top